工藤静香「夕食は15時」の効果…夜型Cocomiは9時半起きに
19年、仕事帰りのKokiと静香 画像を見る

《とても簡単に出来るべったら漬け風漬物を紹介させてください!! しかも、昆布を入れたり、鷹の爪を多めにしたり、柚子を入れたり、生姜を入れたり、アレンジできます》

 

11月25日、自身のインスタグラムで、ファスナー付きのプラスチックバッグを使用した、麹で漬ける東北地方の郷土料理「三五八」レシピを披露した工藤静香(50)。

 

「今、木村さん一家は発酵食品にハマっているんです。静香さんは“娘たちの美容に不可欠”だと話していました」(木村家の知人)

 

長女Cocomi(19)と次女Koki,(17)はモデルとして活躍中だ。

 

「2人はファッション誌『ELLE JAPON』(2021年1月号)で雑誌としては初めてタッグを組みました。Cocomiさんが自らの愛用カメラで人気ブランドをまとったKoki,さんを撮影。そのうちの1枚が表紙を飾っています」(服飾関係者)

 

Cocomiはコンセプトの立案からポージング、小道具の配置まで詳細に指示していたという。

 

「モデルとして体のコンディションに日々気を配る2人のために、静香さんは食生活の面で、さまざまな工夫をしています。基本的に動物性の油や白砂糖を避け、白米は寝かせ玄米に変えました。寝かせ玄米は、玄米に小豆と塩を加えて炊き、3日間、保温状態で寝かせたもの。玄米の部分に含まれる酵素が発酵して、酵素の働きが高まり、美容効果が高いんです。

 

また、木村家の冷蔵庫には、10代で食べ盛りの2人のために“おやつ”代わりに、静香さんの手作りキムチと納豆を常備しています。一家の“健康と美容のサプリメント”的な存在だそうです」(前出・木村家の知人)

 

父・木村拓哉(48)も料理の腕をふるうことがあるそうだ。

 

「娘さんたちは特に、木村さんが手際よく作る“豚キムチ”が大好物だと話していました」(前出・服飾関係者)

 

次ページ >Cocomiはコロナ禍で“朝9時半起き”に!

関連カテゴリー: