丸山隆平「江戸の賭博師・辰五郎を演じて感じた役者の醍醐味」

「辰五郎って、いざとなると口八丁手八丁でわれ先に逃げ出す。共演者の芳根京子ちゃんからも、『こんな情けない主役っていますか?』と爆笑されました」

 

そう語るのは、『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー 〜ザ・お伊勢参り〜』(WOWOWにて6月6日22時スタート、全6話)で主演を務める関ジャニ∞の丸山隆平(36)。江戸時代のお伊勢参りを描く今作で、かつては江戸で最強の賭博師と名をはせたが、ツキに見放され借金まみれ、ひょんなことから伊勢神宮参詣の旅に出ることになった男、辰五郎を演じた。

 

撮影は、丸山の出身地でもある京都の撮影所で行われた。

 

「ちょくちょく自分のなじみの店に行っては癒されましたね。それに、撮影所のスタッフさんと一緒にいると、同じ京都弁だからか居心地がよくて。まるでもう一つ実家ができたような気がしました」

 

また、撮影期間中はプライベートでも役のままだったと語る。

 

「酒に酔うと口調が辰五郎になったりして。でも、そんなふうに役が自分の中に染み渡るって、役者の醍醐味じゃないかな。何をやるときも辰五郎でいることは、いちばんの役づくりだったと思います」

 

原作・脚本は、映画『超高速!参勤交代』でエンタテインメント時代劇ブームを巻き起こした土橋章宏。旅を通して各地の名産品が登場するのも注目だという。

 

「そばもタコ飯も、何もかもおいしかったし、その土地に江戸時代からずっと根づいていることが素晴らしいと思いました。僕自身の忘れられない味は大分のとり天。13年前に関ジャニ∞で回った47都道府県ツアーのときに初めて食べて、なんじゃこりゃ!? と驚くほどうまかったのを覚えています」

 

「女性自身」2020年6月9日号 掲載

関連カテゴリー: