ミシェル・ウィリアムズがルイ・ヴィトンの新作ハンドバッグ・ラインの顔に抜擢された。WWDの報道によれば、ミシェルは今後、同ブランドの「W」「キャプシーヌ」と2つの高級バッグの広告キャンペーンに出演することになるようだ。その広告では、お馴染みのショートヘアを乱れさせたミシェルが、深紅の口紅などを用いたダークでゴシックな雰囲気を醸し出すメイクで、マーク・ジェイコブスがルイ・ヴィトンの秋物としてデザインしたダークブラックの服を着て登場することになるという。

ミシェルがその美しいバッグを手に登場する広告イメージは仏版マリ・クレール誌の8月号で初披露されることになっており、その後9月から10月にかけて順次世界中のファッション誌に載せられる予定だ。「W」はヴィトン特有のモノグラム柄とマルチカラーのレザーが掛け合わされたバッグで、一方の「キャプシーヌ」はヴィトンが得意とするレザーの凝った手仕事を象徴したトートバッグとなっている。

そんなミシェルは昨年にも、現在人気急上昇中のブランド、バンド・オブ・アウトサイダーズのキャンペーンでファッション広告デビューを飾っていた。ミシェルが同ブランド広告で登場したポラロイド写真のスナップショットは、同ブランドのデザイナーであるスコット・スタンバーグによって撮影された。他にもキルスティン・ダンストやズーイー・デシャネルなどのスター達がバンド・オブ・アウトサイダーズの広告キャンペーンに出演していた。