image

「U2の再来」の呼び声も高く、全米で100万枚突破し全米全英2位を獲得したデビュー・アルバム『ナイト・ヴィジョン』の日本盤リリースを果たした注目のUS出身のバンド、イマジン・ドラゴンズが元大事MANブラザーズバンドの立川俊之氏との“日米夢の応援歌コラボ”を果たした。イマジン・ドラゴンズは、ラスヴェガスで2008年に結成された4人組ロック・バンド。メンバーの3人がバークリー音楽大学出身で、ライヴで和太鼓やドラムを使ったパフォーマンスを行うことが魅力の一つで、日本に来ることがバンド結成時からの夢だったという大の親日家。シングル「イッツ・タイム」は”今こそ始める時”と歌われる人生への応援歌であり、そのメッセージと楽曲の良さで世界各国で大ヒット、本国アメリカではプラチナム・ディスク(100万ダウンロード)を獲得し、米人気ドラマ「グリー」でもその楽曲がカヴァーされたほどの大人気楽曲。6月にMTV「VMAJ2013」への出演のため初来日を果たした際、メンバーからの「日本にも「イッツ・タイム」のようなメッセージ性の強い応援歌はないか」という質問に、スタッフ!が世代を超えて歌い継がれる応援歌「それが大事」を提案したことが夢のコラボへのきっかけとなった。そんな縁が実を結び、元大事MANブラザーズバンドの立川俊之氏とイマジン・ドラゴンズとの対面が実現。しかも対面に留まらずアコースティック・パフォーマンスでのコラボレーションをする事にまで進展した。立川氏が『イッツ・タイム』の2番の歌詞を日本語に作り替え、1番はイマジン・ドラゴンズ、2番は立川氏が歌うというまさに!“日米夢の応援歌コラボ”が実現した。「イッツ・タイム~それが大事ヴァージョン」が完成したのだ。セッション後の対談では、イマジン・ドラゴンズと立川氏は“違う国、違う時代に書かれた2曲が同じメッセージを持っていて、それが人々に力を与えているというのは素晴らしいことだ”と意気投合。ボーカルのダンは「『それが大事』の歌詞もすごく力強いし、日本の皆に“諦めるな”といった励ましの曲を立川さんと歌えて光栄だよ」とコメント。イマジン・ドラゴンズのオフィシャル・サイト(http://www.universal-music.co.jp/imagine-dragons )で は、本コラボ楽曲「イッツ・タイム~それが大事ヴァージョン」の歌詞字幕入り映像が本日より公開されている。イマジン・ドラゴンズは8/10、11に東京/大阪で開催されるSUMMER SONIC 2013出演のため再来日を果たす。

【商品情報】
イマジン・ドラゴンズ『ナイト・ヴィジョンズ』
7/17発売 UICS-1268 スペシャル・プライス 1,980(税込)

【イマジン・ドラゴンズ オフィシャル・サイト】
http://www.universal-music.co.jp/imagine-dragons

【立川俊之氏 オフィシャル・サイト】
http://tachikawatoshiyuki.net/

【公演情報】
SUMMER SONIC 2013
<日程>2013年 8月 10 日(土)/8月 11 日(日)
<会場> 東京:QVCマリンフィールド&幕張メッセ / 大阪:舞洲サマーソニック特設会場
問い合わせ:クリエイティブマン http://www.creativeman.co.jp/

【動画】イッツ・タイム~それが大事ヴァージョン イマジン・ドラゴンズ&立川俊之 
http://youtu.be/NyBwEkGDEeg

【イマジン・ドラゴンズ バイオグラフィー】
2008年結成。ラスヴェガスをベースに活動する4人組。バンド名はメンバーが思いついた言葉をアナグラム(綴り換え語)にしたもの。地元ラスヴェガスでの活動を精力的に続け、EPを3枚発表した後にインタースコープと契約。メジャー・デビュー曲となる”イッツ・タイム”は全米中のラジオでの驚異的なオンエアと大人気ドラマ「GLEEシーズン4」のプレミアで使用されるという大抜擢等で大ヒットを記録し、プラチナム・ディスクに認定。そのシングルを受けてのデビュー・アルバム「ナイト・ヴィジョンズ」は全米初登場2位&オルタナティヴ・アルバム・チャート初登場1位を記録、新人ロック・バンドとしてのアルバム初週売り上げ記録を2006年5月以来に更新するという記録を打ち立てた。その後も和太鼓を使ったライヴ・パフォーマンスも高い評価を受け、数多くのテレビ番組や映画、CMで楽曲が使用されていくことになった。2013年に入ってイギリスでもリリースされ、こちらも初途上2位を記録。そんなまさに「2012年最も成功を収めた米新人ロック・バンドのひとつ」が遂に日本上陸!2013年6月にVMAJ2013で初来日を果たし、SUMMER SONIC 2013への出演も決定。