「チャンミンのインスタには、100万人以上のフォロワーがいます。そこで彼が本を紹介すると、『読みたい!』というコメントが殺到するんです」(ソウル在住の日本人記者)

 

韓国の人気デュオ東方神起のチャンミン(30)が、自身のインスタで、エッセイ『言葉の品格』を紹介したのは、今年2月のこと。日本のファンからは、翻訳版を望む声が殺到していた。

 

そして12月20日、その翻訳版(米津篤八訳・光文社)が緊急出版される。前出の現地記者がこう続ける。

 

「発売決定を受けて、原書を出版した黄牛ブックス社は『チャンミンさんのおかげです。ありがとうございます』とSNSに投稿しました。ファンの間では、“彼が日本に届けてくれた”と歓喜が上がりました」

 

チャンミンが紹介する本に注目が集まるのは、彼がスター性だけでなく、彼が大変な読書家として知られているからだ。

 

「韓国のバラエティ番組に、相方のユンホ(32)と出演したとき、ボウリングなどを楽しむ活発なユンホに対し、チャンミンは本を読みながらワインをたしなむ“インドア派”であることを告白。兵役義務に就いていた昨年4月には、『ヘイト・スピーチという危害』(ジェレミー・ウォルドロン著)に付箋を無数につけて、熱心に読んでいる姿を目撃されています」(前出・現地記者)

 

それほどまでに読書を愛するチャンミンが『言葉の品格』を手に取ったのは、著者のイ・ギジュさんが持つ経歴と、その功績に知的好奇心をくすぐられたからかもしれない。

 

「イ・ギジュさんは、名門の成均館大学を卒業後、ソウル経済新聞社に記者として8年間勤務し、作家になりました。じつは、まだ無名の時代に出版した前作『言語の温度』は、大手出版社からの刊行ではなかったにもかかわらず、韓国で“’17年最も売れた本”とされ、発行部数130万部を突破したベストセラーなんです」(現地紙文化部記者)

 

チャンミンの投稿には、“いい言葉をすぐに実践できたらどれだけいいことか”という本人からのコメントが添えられている。