藤井聡太七段 転機は小2の挫折…恩師明かした人生最大の号泣
(写真:時事通信) 画像を見る

「私が教室を主宰しているこの20年を振り返ってみても、聡太くんみたいな子は誰もいません。“日本一の子供”だなと思いました」

 

しみじみとこう語るのは、将棋の藤井聡太七段(17)の恩師、文本力雄さん(65)だ。 藤井七段の快進撃が止まらない。7月1~2日に王位戦第1局が行われ、30歳年上の木村一基王位(47)に挑戦者の藤井七段が先勝した。同時期に進行している棋聖戦でも、藤井七段は挑戦者として渡辺明棋聖(36)に2連勝中。9日の第3局に勝利すると、史上最年少でタイトル獲得となる。

 

そんな藤井七段が幼稚園時代から約5年間、通っていたのが地元・愛知県瀬戸市にある「ふみもと子供将棋教室」。主宰する文本さんが藤井七段の原点を語った――。

 

「聡太くんは幼稚園の年中、5歳のころ初めて教室にやってきました。お母さんと祖母に連れられて、3人でここに来たんです。ほっぺが真っ赤で天然パーマで、すこしカールした髪の毛が伸びていて、『女の子じゃないの?』と言いたくなるほどかわいかったですね」

 

藤井七段に将棋のルールを教えた祖母から「孫の将棋相手を探している」と電話で問い合わせがあったのが、自宅近くのこの教室に入るきっかけだったという。将棋の才能はずば抜けていた。

 

次ページ >勝負に敗れ「体を壊すほど泣いて…」

関連カテゴリー:
関連タグ: