さんま IMALU同棲に父の嘆息「男見る目ゼロ」と周囲に愚痴も
画像を見る 恋人と手をつなぎながら愛犬を散歩させるラブラブなIMALU。

“父からはネガティブなことは言われていない”と語っていたIMALUだが、実はさんまは知人たちに愛娘の交際についてグチをもらしているという。

 

「少し前に、さんまさんが『あいつ男を見る目ゼロや……』と、嘆息していたんです。昔からIMALUさんの交際相手について心配しているようで、『ヒモっぽい男ばっかり好きになるねん』と。

 

いまの恋人についても『お相手の方も悪い人ではないと思うんやけども、結婚はしてからが大変やから。不安定な収入の男と結婚してIMALUが苦労することを考えるとなぁ……』と不安をのぞかせていました。

 

後輩芸人に『IMALUには安定した職業の男性と付き合ってほしい』とこぼすこともあるそうですし、いつ結婚を言いだされるか内心ハラハラしていると思います」(前出・さんまを知るテレビ局関係者)

 

’20年5月にテレビ番組『極上空間』(BS朝日)で、理想の相手について聞かれ、「親のことを気にしない人がいい。親を芸能人じゃなく、人として見る人がいい」と発言していたIMALU。

 

きっと“父の名前”にプレッシャーを感じて、2人の未来を諦めてしまわないでほしいという気持ちも込められているのだろう。

 

寒い中でも身を寄せ合って歩いていた2人。さんまの反対を乗り越えて、IMALUとその彼氏は結婚にこぎつけることはできるだろうか――。

 

「女性自身」2021年1月5日・12日合併号 掲載

関連カテゴリー: