さんま IMALU同棲に父の嘆息「男見る目ゼロ」と周囲に愚痴も
画像を見る

「IMALUさんは恋人であるAさんと自分のマンションで結婚を前提に同棲しているそうです。6歳年上のAさんはハーフのイケメンで、まだ名前はあまり知られていませんがミュージシャンとしても活動しています。IMALUさんのマンションはお母さんの大竹しのぶさん(63)が住む実家からも徒歩数分の距離で、しのぶさんも公認だと聞きました」(IMALUの知人)

 

ハーフ恋人と幸せな同棲生活を送るIMALU(31)。18年元旦放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で「17年秋ごろから交際をはじめた」と初めてその存在を明かし、オープンな交際を続けてきた。

 

母・大竹しのぶも公認のなか、交際開始早々に報告したという父・明石家さんま(65)の反応は芳しくなかったようだ。

 

「基本的にさんまさんは“どんな男性だろうと反対する”というスタンスです。過去に、IMALUさんが、さんまさんに彼氏と別れたことを報告した際には、『おめでとう』と返したほどです」(芸能関係者)

 

本誌は都内の自宅マンションから連日、2人が仲睦まじげな様子で出てくる姿を目撃している。12月中旬には、Aさんと手を繋ぎながら犬の散歩を楽しんでいたIMALU。そこで記者が“さんまの反応”について聞くと、こう答えた。

 

「お付き合いしていることは知っていますね。父ももちろん知っていて、どういう人かとかも知っています。父が彼のことをどう言っているか? ……特にネガティブなことは言っていませんけど……」

 

次ページ >さんまは「あいつは男を見る目ゼロや…」と嘆息

関連カテゴリー: