現実逃避しがちな大学生が、年収1億円超え!プロゲーマー・ふぇぐ誕生秘話
画像を見る

eスポーツ市場が拡大し、賞金右肩上がりのゲーム業界に彗星のごとく現れたプロゲーマー・ふぇぐ。なぜ勝てた? 賞金の使い道は? 天才を生む教育とは? 24歳で億万長者となった男子のリアルに迫る。

 

なりたい職業の上位に「プロゲーマー」がランクインするようになって、まだ3年足らず。弱冠24歳にして賞金1億円を獲得したプロゲーマー・ふぇぐは、小中学生の憧れの存在だ。大人より子供たちのほうが認知している、世間的には“新キャラ”の彼だが、そもそもゲームのプロって? 勝てないと無収入? その実態を明らかにするべくインタビューを行った。

 

■どうやったらプロゲーマーになれるのか

 

「僕は2018年からプロゲーマーとして活動しています。プロの公募があったので、履歴書を送って面接を受けました。2017年の世界大会で負けて悔しくて、本気になったところでタイミングよく公募があったんです。2〜3年前は大人が盛り上げているだけだと思っていたんですが、大会賞金も高額になり、一般的にも認知されつつありますね」

 

彼はプロのシャドウバースチーム「NTT-WESTリバレント」に所属し、「RAGEシャドウバース・プロ・リーグ」に参戦するのがおもなスケジュール。シャドウバースとはカードゲームのジャンルで、オンライン対戦し、相手の出方を先の先までシミュレーションして手札を出していく。頭脳戦というと聞こえはいいが、若者がゲームに没頭している姿は「ただ遊んでいるだけ」ととらえられがちだ……。

 

「シャドウバースをやり始めたのは先輩からすすめられたのがきっかけでしたが、ハマったのは現実逃避したい時期だったから(笑)。本気でやりたいから大学を休学したい、と両親に伝えたら、『ゲームで稼いでいけるのか!』って、父からはものすごく叱られましたね。初めて殴られました。でも、プロになることが決まったときは『おまえがそれで生きていくと決めたなら頑張れよ』と言ってもらえました」

 

所属チームからは月給30万円が最低でも支給され、「生活を守るための金額を出してもらえているので、食べてはいけます」とリアルな金額も教えてくれた。

 

「でも、母からは『サスティナブルな仕事ではない』と言われていて。この職業の認知度拡大のためにも、YouTubeチャンネルを開設して動画配信も工夫していきたいですね」

 

ふぇぐいわく、プロゲーマーが稼ぐ方法はおもに2つ。賞金を稼ぐか、ゲームをしているところをYouTubeなどで配信してアクセス数による広告料で稼ぐか。

 

「僕がやっているシャドウバースは賞金額の大きな大会が多いので、やはり勝つことが重要だと思っています」

 

次ページ >気になる賞金1億円の使い道は

関連カテゴリー: