image

アメリカドラマは空前のダーク・ファンタジーブーム!

ブームの牽引役「ゲーム・オブ・スローンズ」からみる近年のトレンドを大研究!

■米ドラマ界で現在最もホットなジャンル、ダーク・ファンタジー

ここ数年、アメリカのドラマ界で人気を増しているジャンルがダーク・ファンタジーだ。日本ではコアなイメージが強いファンタジーだが、そもそもアメリカン・ドラマの中では古くは「吸血キラー/聖少女バフィー」や、近年では「スーパーナチュラル」や「ヴァンパイア・ダイアリーズ」など人気作は多い。こういった青春ドラマの要素を加えた若者向けの作品を中心に、長年一ジャンルとしてドラマ界で確かな地位を築いていたファンタジーだが、ここにきて、大人だからこそ楽しめるダークな味わいのファンタジーが急増した。一説には景気が悪くなるとダーク・ファンタジーが人気になるとも言われているが、その影響かどうかはともかく、近年のブームの背景にあるのは、映画『トワイライト』シリーズのヒットだ。映画界でのトレンドはドラマ界にも反映される。『トワイライト』が生み出したトレンドをダイレクトに反映したのが「ヴァンパイア・ダイアリーズ」だとすれば、それを大人向けにアピールしたのがHBO製作の「トゥルーブラッド」だ。

■ターゲットは大人世代。刺激的で見応えのあるドラマ性がポイント。

そして機が熟したのが2011 年。まずHBO で大河ファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」がスタート。そしてその秋にはおとぎ話の登場人物たちを主人公にした「ワンス・アポン・ア・タイム」と、グリム童話をモチーフにした犯罪ドラマ「GRIMM/グリム」が始まり、3 作とも成功を収めた。同じダーク・ファンタジーというジャンルながら、「ゲーム・オブ・スローンズ」はHBO 製作というメリットを最大限に発揮した壮大なスケール感とクオリティが持ち味、「ワンス・アポン・ア・タイム」は製作のABC スタジオの親会社ディズニーの資産を生かした巧みなアイデア、そして「GRIMM/グリム」はファンタジーを1 話完結系の犯罪ドラマというベーシックなフォーマットに落とし込んだ手堅さ、といったように、それぞれの個性がきちんと住み分けされていたこと、そしてターゲットを従来のティーン層ではなく、大人世代に向けた事が大きな勝因だ。ジャンルこそ違うが前年にスタートした「ウォーキング・デッド」がヒットしたのも影響しているだろう。ドラマはティーンか老人が見るものと考えていた30~40 代の大人たちは、こうした刺激的でありながらドラマ性の高い作品を求めていたのだ。これらの作品が成功した事で、その後もダーク・ファンタジーの人気はうなぎのぼり。MTV はマイケル・J・フォックス主演の映画『ティーンウルフ』をダークな味付けでリメイクした「Teen Wolf」をスタートさせこちらも人気集めている。この秋からのネットワークの新シーズンでもジョナサン・リース=マイヤーズ主演の「Dracula」や、「スリーピー・ホロウ」のリメイク、「ワンス・アポン・ア・タイム」のスピンオフ「Once Upon A Time:Wonderland」、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のスピンオフ「The Originals」などが目白押しとあって、このブームはまだまだ収まりそうにない。

「ゲーム・オブ・スローンズ」公式サイトはこちら→ http://www.gameofthrones.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記」

発売中! 全10話収録(各話約60分)

・【初回限定生産】ブルーレイ コンプリート・ボックス 税込 11,800 円

・【初回限定生産】DVD コンプリート・ボックス 税込 9,800 円

・ブルーレイ Vol.1 税込 1,500 円/DVD Vol.1 税込 1,500 円

発売元・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

Game of Thrones (c) 2013 Home Box Offi ce, Inc. All rights reserved.

HBO(R) Rand related service marks are the property of Home Box Office, Inc.

Distributed by Warner Home Video Inc.

 

【ゲーム・オブ・スローンズ公式サイト】 http://www.gameofthrones.jp

<放送情報>

スターチャンネル(BS10ch)

「ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突」日本初独占放送中!

(スターチャンネル3 毎週日曜日よる 10:00~)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連タグ: