(写真・神奈川新聞)

 

ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する強豪国オーストラリア代表が小田原市内で事前キャンプをする意向を示していることが28日、分かった。加藤憲一市長が同日の定例会見で明らかにし「これまでの活動の成果が実り、大変うれしく思っている」と述べた。

 

市によると、14日に同国ラグビー協会から「公式の認定練習地にしたい」とする文書が届き、1回目の事前キャンプとして今年10月28日から11月3日までの実施を希望しているという。20年東京五輪の7人制ラグビーの直前合宿を市内で行いたいとの要望もあった。

 

また協会側が、練習施設となる城山陸上競技場(同市城山)の一部改修を求めていることから、市はラグビーポール基礎増設工事費750万円を盛り込んだ補正予算案を市議会6月定例会に提出する。財源はスポーツ振興・教育環境改善基金を活用する。

 

市企画政策課などによると、市は昨年から同国代表の事前キャンプ誘致を進めてきた。今年3月9、10の両日には、協会関係者が市内を視察。チームの宿泊先と想定するヒルトン小田原リゾート&スパ(同市根府川)に宿泊し、好感触を得ていたという。

 

加藤市長は「今後もオーストラリア側と調整が続いていくが、選手が良い結果を出せるよう環境づくりに取り組んでいく」と強調。小田原市ラグビー協会の高橋敦朗会長は「世界三大スポーツの一つがW杯と五輪と2年続けて開催される。その一役を担えるのはうれしい」と歓迎し「小田原だけでなく、県西地区でラグビーに取り組む子どもたちにも良い影響がある」と声を弾ませた。

 

同国は「ワラビーズ」の愛称で知られ、1991年と99年大会を制している。