ハブ治療遅れ 損害賠償2800万円の支払いを沖縄県に命じる 那覇地裁
ハブ 画像を見る

  2016年11月、ハブに左足をかまれて沖縄県立中部病院に救急搬送された際に適切な治療が遅れて後遺障害が残ったとして、40代男性が県に損害賠償を求めた訴訟で那覇地裁(平山馨裁判長)は11日、県に損害賠償約2800万円の支払いを命じた。   県側は医師によるハブ抗毒素製剤の投与の指示が遅れた過失については認めていたが、補償について男...

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: