羽生結弦 日本フィギュア界が期待する“ゆづアカデミー”構想
昨年の誕生日当日の羽生(写真:アフロ) 画像を見る

12月7日に26歳の誕生日を迎えた羽生結弦。目下、注目されているのは、12月24日から開催する全日本フィギュアスケート選手権大会にエントリーしたこと。

 

「最終的な出場判断は、新型コロナの感染拡大状況などを勘案し慎重に行っていくようですが、出場すれば羽生選手にとって10カ月ぶりの実戦です」(スポーツ紙記者)

 

全日本選手権は3月開催予定の世界選手権の代表選考会を兼ねる。また、世界選手権は北京五輪の各国の出場枠数を争う場でもある。

 

「2年前の世界選手権で羽生選手はネイサン・チェン(21)に敗れました。昨シーズンの世界選手権はコロナ禍で中止となりましたから、今シーズン開催されれば“絶対王者奪回”のチャンスとなります。また、世界選手権は北京五輪の各国の出場枠数を争う場でもあります」(前出・スポーツ紙記者)

 

今後、選手としての羽生への世間の関心は、北京五輪に出場するのか、4回転アクセルは成功させられるのか、といったことだろう。しかし、彼も20代後半戦。本人は引退後の人生も見据え始めているようだ。

 

今年9月の卒業時に受けた早稲田大学の広報誌のインタビューで、大学生活で得た経験について、《フィギュアスケートだけでなく、この先の人生を歩んでいく上でも、必ず役に立つと思います》とコメントしている。

 

過去にも羽生は“引退後”について語ったことがある。’18年の平昌五輪で金メダルを獲得した翌日の記者会見でのことだ。

 

次ページ >「自分の経験をみんなに伝える仕事ができたら」

関連カテゴリー: