内野聖陽 コロナ休業中も続けていた84歳実母への贖罪介護
自転車に乗る少し痩せた内野 画像を見る

内野聖陽(52)が愛車の後部座席のドアを開けると、そろそろと降りてきたのは、84歳になる実母だった。

 

かなり足も弱っているのか、杖をついている彼女の腕を内野が優しく支え、ゆっくりゆっくり自宅へといざなっていった。

 

5月17日にスタートしたNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、内野はヒロイン・百音(清原果耶)の父・永浦耕治を演じている。

 

NHK関係者は次のように語る。

 

「耕治は若いころはトランペット奏者としてならした男性で、実家の漁業を継がず、地元の銀行に勤めているという設定です。クランクインは昨年9月下旬。当初、清原果耶さんは非常に緊張していたそうです。そんな彼女の悩みや不安を、内野さんが本当のお父さんのように聞いてあげていたのです。ときおり、おやじギャグで清原さんを笑わせたり、現場の共演者たちをリラックスさせたりと、宮城県ロケではムードメーカーを務めていました」

 

そんな内野の新型コロナウイルス感染が発表されたのは5月13日のことだった。

 

「6日に発熱の症状があり、PCR検査で陽性が判明したそうです。幸いなことに『おかえりモネ』の撮影スケジュールにも影響がないことがアナウンスされました」(芸能関係者)

 

さらに18日には内野自身が公式HPで経過についてメッセージを発している。

 

《先日は、コロナ罹患で皆様には大変ご心配をおかけいたしましたが、自宅療養も解除され、日々元気に日常を取り戻しております。健康には自信があったものの、本当に昨今のウイルスは進化しており、感染力の強さ、しぶとさを身をもって実感いたしました》

 

本人が語るように、これまで大病知らずだった内野。役柄によって、自分の体重を自由自在に変化させてきた。

 

次ページ >実家の寺を継がなかった内野の“負い目”

出典元:

「女性自身」2021年6月8日号,

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: