花粉症の症状緩和に効くヨガポーズ

5000年以上前のインドで発祥されたというヨガ。
その為、現代的な病気はなかったので、基本的には“花粉症対策のポーズ”というのがありません。
 
ヨガ=繋ぐ・統合のサンスクリット語なので、体全体のバランスをとるので、
免疫力や抵抗力を高める
自律神経・ホルモンバランスを整える
 
などの効果があるので、自分の軸を強くしていき心身を健康に保てます。
 
 
バランスでいうと、首のこりは目や鼻にきます。
首をほぐすポーズをする事で花粉症の症状が緩和される場合もあるので、
こんなポーズをお試し下さい!
 
 
~ハラ・アサナ 鋤のポーズ~

image

“逆転系のポーズ”なので、生理中やご飯食べた後は控えてください。
また首に負担がかかるのでムチ打ちなど外科的な不調がある時もお休み下さい。
 
 
やり方
① 仰向けに寝る
② 鼻から息を吸いながら両脚を天井まで上げる
③ 吐きながら腰を持ち上げて背中を支える
④ 吸いながら両脚を天井まで伸ばすよう引き上げる
⑤ 30秒~1分キープ 慣れてきたら時間長くしてみる
⑥ 吐きながらゆっくりと脚を下ろして、仰向けで寛ぎをいれる
 
 
効果
喉元の甲状腺を刺激するので、疲労回復や老化防止に役立ちます
 
 
 
~ マツヤ・アサナ 魚のポーズ ~
 
ヨガ=バランス
喉を絞めた後は反対に、広げるポーズをして相乗効果を上げましょう。
 
やり方
① 仰向けになる
② 両手のひら下に向けて、体の下にしまいこむ
両肘が背中の下でくっつく位に締めてください
③ 吐いて肘で床を押して胸を持ち上げて、足の指先見る
④ そのまま頭を後ろに倒し、頭頂を床に付ける
⑤ 1分位キープ
 
 
効果
首の緊張をとるので、夜寝れない時にも効果的
肺を浄化
 
 
 

関連タグ: