「本当に、世の中の文字は、小さすぎて読めない!」

 

渡辺謙が叫びながら書類を投げ、ハズキルーペの必要性を訴えたかと思うと、菊川怜がお尻で押しつぶして耐久性をアピールする。

 

いま、眼鏡型拡大鏡の「ハズキルーペ」のCMが話題を呼んでいる。ほかにも、舘ひろしと小泉孝太郎、そして産休明けの武井咲が登場するバージョンなど、豪華キャストが集まったCMが放映中だ。ハズキカンパニーの松村謙三会長はこう語る。

 

「’15年8月には1万6,000だった取扱店舗数が、CMを打ち始めてから毎月増えていき、現在は有名デパート、眼鏡チェーンや家電量販店など約4万7,000店舗に広がりました。5,000本売れたらヒットと言われる眼鏡業界で、ハズキルーペのこれまでの販売数は、累計500万本を超えています」

 

一昔前なら、拡大鏡といえば、老眼によって近くのものが見えにくくなった“おじいちゃん、おばあちゃん”の持ち物というイメージだった。ハズキルーペの斬新なところは、菊川や武井などを起用して、広い世代にアピール。新たな需要を掘り起こしたところだ。

 

「拡大鏡は目が悪くなった高齢の方だけのものではありません。目が楽になるので、じつは老眼ではない世代にとっても、便利なものなのです。読書や手芸はもちろん、若い女性にはネイルをやるときに使っているという方もいます。また、弊社のレンズはブルーライトをカットする機能があるので、大人がパソコンやスマホを使うときはもちろん、子どもがゲームをするときなどにもおすすめです」(松村会長・以下同)

 

それではどのように、自分に合った拡大鏡を選べばいいのか。眼鏡、コンタクトレンズでピントが合っている人、近視、遠視ではない人は、拡大鏡を使って目の負担を軽減させよう。その際、用途によって、レンズを選ぶのが鉄則だ。

 

「ハズキルーペはレンズを3種類用意しています。1.32倍のレンズは焦点距離(焦点の合う距離)の目安が50~70センチなので、デスクトップのパソコンを使うときに最適です。1.6倍のものは焦点距離が30~40センチなので、読書するときに便利。1.85倍は、焦点距離が22~28センチ。1.6倍でも見えづらいという人におすすめしています。現在、視力に問題を抱えていなくても、小さいものを見るときはルーペを使うことで、目を楽にすることができます。ぜひ、一度かけてみてください」