image

(写真・神奈川新聞社)

 

初日の出に合わせて来年1月1日の早朝、三浦市内の三浦海岸と城ケ島で汁物の無料提供などが行われる。主催の市観光協会によると、市内の例年の初日の出は午前6時50分ごろで、房総半島から昇る朝日を見ることができる。

 

三浦海岸では午前5時半から同7時までの間、三浦産の魚や野菜を使った「陣屋汁」が提供される。このほか、和太鼓の演奏やミカン投げなども行われる。

 

城ケ島では同4時から同7時までの間、城ケ島灯台商店街入口駐車場でワカメのみそ汁が振る舞われる。

 

同協会によると、ことしの元日は三浦海岸で約3万9千人、城ケ島で約3,500人の来場があったという。問い合わせは、同協会・電話046(888)0588。29日から休館。

関連タグ: