image
(写真・琉球新報社)

 

鶴保庸介沖縄担当相は31日、沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド建設現場での県外機動隊員による「土人」発言について「いかに正当化しようが、発言したことを許されるものではない」とした上で「ただ、本当に差別かどうかということになるといろんな問題が出てくると思う」と差別発言かどうかは判断できないとの見方を改めて示した。

 

同日、視察先の宜野座村内で記者団に答えた。鶴保氏は同日、名護市の沖縄工業高等専門学校、宜野座村の宜野座多目的スポーツ施設などを視察し帰任した。