〈「沖縄県知事選挙スタート」 ただいま 9月はほとんど沖縄に帰っています。 本日から沖縄県知事選挙がはじまりました!わたしは“佐喜真あつし”候補の応援に〉

 

9月13日、公式サイトの「活動内容」にこうつづったのは今井絵理子参院議委員(34)。今月30日に投開票が行われる沖縄知事選で、所属する自民党擁立候補応援のため故郷・沖縄入りしていることを報告したのだ。

 

「今回の選挙は、翁長雄志前知事(享年67)が8月に亡くなったことを受けてのもの。翁長前知事死去の際に安室奈美恵さん(41)がコメントを出したこともあり、その遺志を継ぐという玉城デニー候補(58)に猛烈な“追い風”が吹いています。そのため自民幹部はかなり焦っています。本来ならばSPEEDメンバーとして一斉を風靡した今井議員の応援は、大きな力になったはず。ところが今井議員は昨年の不倫騒動でのイメージダウンを払拭できていません。そのため自民幹部は当初、今井議員の沖縄入りに難色を示していました」(政治担当記者)

 

今井氏は昨年7月、「週刊新潮」(新潮社)で、当時神戸市議をつとめていた橋本健氏(38)との不倫疑惑を報じられた。今井氏は党本部で釈明し、書面で不倫疑惑を否定。その後は“ダンマリ”を決め込んでしまった。

 

いっぽう橋本氏は、妻と離婚。さらには政務活動費約690万円をだまし取ったとして、失職。詐欺罪で在宅起訴され肩書が「被告」になってしまった。一部メディアによると今日21日に詐欺罪での初公判が神戸地裁で行われ、橋本被告は「間違いありません」と起訴内容を認めたという。

 

「何事もなかったかのように活動を続ける今井議員ですが、今も批判の声は根強い。今後もイメージを回復するような活躍ぶりが見られないと、2期目は絶望的です」(前出・政治担当記者)

 

今回の沖縄入りで存在感を見せ、イメージ回復できるだろうか?