月のサイクル~うお座

前回お話しましたように、月の引力は水に作用します。
体を表す漢字全てに“月”が付くように、人体の水・細胞の水にまで作用します。
 
今月は15日が満月でしたので、次の新月まではカファ(水)が減っていく時。
今は浄化・出す事に適してるので、痩せやすい時期ともいえます
 
 
7/18~21 魚座 に月が入ります
 
 
人体を宇宙に例えると、うお座は足になります。
なので、月が魚座に入った時は“足”をキーワードに使ってみると、いつも以上に効果が上がるといわれるので、足を意識いしたヨガのポーズを試してみてはどうでしょう?
 
 
 
足の裏をアロマオイルでマッサージするのも良いです☆
 
 
ヨガのポーズで立ちポーズの基本となるタダ・アーサナ(山のポーズ)
両足均等に体重をかけて、やや足の親指よりに重心をかけて立つというポーズです。
 
実は、正しく立つ事で、足の裏のタラフリダヤ・マルマというツボを刺激する事ができて
るんです!
 
 
ちょうど、中国のツボでいう湧泉といわれる辺りといえば解りやすいでしょうか?
 
フリダヤはサンスクリット語で心臓の意味
 
このマルマは心臓への血液循環をよくするという効果もあるとされてます。
 
 
このタダ・アーサナ、以外に正しく立つのが以外に難しいのです。
試しにこの形で目をつぶって1分位立ってみてください
 
体が揺れてきます。
 
それをじっくりと観察すると、自身の骨盤の歪み・傾きがなんとな~く実感できます。
 
 
人から歪みを指摘されても良く解りませんが、自身で体感すると直す感覚もつかみやすくなると思います。
 
 
月は1ヶ月で12の星座を回るので、約3日に1度移動します。
月のサイクルを意識して体を動かせば、1ヶ月で満遍なく体を使えます!
 
 
次はお羊座です
 
またの機会に別の星座と体の関係を書きたいと思います
 

関連タグ: