元金融マン占い師が語る「年末に財布の掃除をすべき」理由

「あなたは冬のボーナスを上手に活用できていますか?なかなか有効なお金の使い方が見つからず途方にくれていませんか?あなたのマネーライフは、財布を”育てる”ことで豊かにすることができます」

 

そう語るのは、今、話題の目黒の兄こと元金融マン占い師・天祐先生。財布を育てることで金運はいくらでも変えることができるという。でも、“財布を育てる”とはいったいどういうことなのか。そこで天佑先生に、金運アップの具体的方法を指南してもらった。

 

「どんな財布でもきれいに使ってあげることが何より大切です。年末は家の大掃除とあわせて、ぜひ、財布の掃除をしてください。自分の財布のお札入れを開くと、表面が真っ黒に汚れているのがわかるでしょう。その汚れには、よい念だけでなく悪い念も込められています。柔らかい布で拭きとり、なるべく使い始めの状態に近づけるようにしましょう」

 

最近は電子マネーの利用も増えている。お金と同等の働きをするカード類も丁寧に扱おう。長時間使うことで表面がこすれるのは仕方ないにせよ、大切に扱う気持ちを忘れずに。また、盲点となりがちな財布の保管場所の掃除も大事。いくら財布を丁寧に扱っても、物が散乱していたり、ホコリまみれの場所に財布を置いていては、自分から運を手放しているようものだと天佑先生は話す。

 

「お財布や保管場所の掃除をひととおり終えたら、もうひとつ実践してもらいたいことがあります。1枚でいいので1万円札を財布に忍ばせておくのです。そのお金が呼び水となって、新たなお金を引き寄せてくれるでしょう」

 

以上のことを忘れずに、ご自身のお財布をお金のたまる財布へと育ててみてはいかがでしょうか?

 

 

関連タグ: