「育児が一段落したらまた働きたい」という方は多いはず。’06年に子育て中の女性の再就職を支援する目的で設置されたマザーズハローワークは、熱気であふれている。子供連れのママたちが「チャイルドコーナー」で子供を遊ばせているあいだに「求人検索コーナー」で仕事を探したり、「セミナールーム」でパソコン講座に集中したり。

 

主婦歴、ママ歴が活きる40代からの就活だが、これから新たに資格を取ってみようと考える人も少なくないようだ。そこで今、履歴書に書いて”本当に”活きる資格とはどんなものか?キャリアカウンセラーの弓ちひろさん(49)に教えてもらった。

 

●ファイナンシャルプランナー

 

保険外交員のほか、保険の組み合わせを提案する窓口の仕事でも、活躍の場がある。

 

●キャリアカウンセラー

 

求職やキャリアの相談役を務める。公共の職業相談所、企業の人事部、学校の就職課など、活躍の場は幅広い。

 

●医療事務

 

各地域のクリニックなどで働ける。求人も安定して多く、魅力は手堅いところ。

 

●MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

 

履歴書に書くだけで、PCスキルを証明できる。しばらく社会から離れていた人には便利な資格だ。

 

ただし、当然ながら資格を持っているというだけではダメ。弓さんはこう言った。

 

「面接のときには、『働こうという意思を持って資格を取った』と、やる気をアピールすることです」

 

関連タグ: