いま、歯科医院での“しわとり”がブームになっている。この数年で、顔にヒアルロン酸を注射してくれる歯科医院が増えているのだ。

 

「現状では法的な整備が整っていない。そんななかで、ほうれい線までの“口の周り”は歯科&口腔外科の範囲という“解釈”のもと、患者にヒアルロン酸の注射をおこなう歯科医が増えているんです」(歯科業界関係者)

 

渋谷区恵比寿のさとうデンタルクリニックで、ヒアルロン酸注射を提供している佐藤悠野院長によれば、歯科で施術してもらうメリットは3つ。第一は“バレない”ことだ。

 

「美容外科に通ったら目的が一目瞭然ですが、歯科であれば歯の治療としか思われません。施術後にマスクをつけて帰宅しても、親知らずの抜歯ならマスクも普通ですから不自然じゃありません」

 

第二に“安い”という。

 

「ヒアルロン酸注射で儲けようとは思っていませんから、いいものを安く提供しています。 うちは0.1mgの注射で4千200円。1回の注射でいくらではなく、実際に打った分しか頂きません」

 

あくまで他の歯科との差別化と、顧客への“サービス”を目的として施術しているということのようだ。そして、第三に“痛くない”メリットがあるという。

 

「注射の針を刺すことに関しては、歯科医は麻酔で打つ回数が多いので慣れていると思います。痛いのが絶対にイヤという方には、口の中から麻酔をかけることもできますしね」

実際、ヒアルロン注射の希望は増えているそう。

 

「虫歯の治療に来られて、『えっ、そんなこともやっていたの!?』となる方が多いです。みなさん、本当に喜んでくれますよ。目に見えて数分でシワがなくなりますから。虫歯の治療だけでなく、プラスアルファで若返りもできるので、喜ばれますね」

 

これから、“しわとり”だけでなく、もっと多様なサービスが歯医者さんで受けられるようになったりして♪