image

 

「今回の調査で『自分は「倹約家だ」と思う』(女性)という質問にYESと答えた割合がもっとも高かったのは大阪府(76%)。大阪府は、『現在の貯蓄額』でも堂々の1位。このほかの意識調査でも、『貯蓄の目標額を設定している』でトップ。『お金をかけるものとかけないものを決めている』でも3位でした。この結果から、大阪の人は堅実で、お金を使うときと使わないときにメリハリをつけられる府民性がある。これが、貯蓄額に結びついていると考えられます」

 

こう語るのは、ソニーフィナンシャルホールディングス金融市場調査部のシニアアナリスト・石川久美子さん。お金の使い方からあなたの県民性が見えてくるーー。

 

このたび、お金にまつわる興味深いアンケート調査が発表された。ソニー生命が実施した「47都道府県別 生活意識調査2018」である。アンケート調査によると、次の項目の上位にはこんな県がランクインした。

 

【自分は「倹約家だ」と思う】(女性)

 

1位:大阪府(76%)

2位:愛知県(66%)

2位:京都府(66%)

2位:山形県(66%)

2位:東京都(66%)

 

【1カ月のおこづかい】

 

1位:東京都(3万5,150円)

2位:神奈川県(3万3,250円)

3位:愛知県(3万1,850円)

4位:三重県(3万1,250円)

5位:滋賀県(3万800円)

 

【現在の貯蓄額】


1位:大阪府(605.6万円)

2位:滋賀県(556.1万円)

3位:京都府(539.7万円)

4位:神奈川県(506.4万円)

5位:兵庫県(500.9万円)

 

【自分は「浪費家だ」と思う】(女性)


1位:沖縄県(52%)

2位:石川県(44%)

2位:奈良県(44%)

4位:福島県(40%)

5位:大分県(38%)

 

【自分は「浪費家だ」と思う】(男性)


1位:富山県(46%)

2位:長野県(44%)

3位:岩手県(42%)

4位:茨城県(40%)

4位:静岡県(40%)

 

この5項目のほかにも、「自分は家計管理が得意だ」「家計簿をつけている」「衣類・ファッションにお金をかけたい」など、多くのアンケート調査から、県民性がわかるデータだ。

 

そこで、今回のデータを分析した石川さんに、ランキングからわかる「お金の県民性」について解説してもらった。

 

意外な結果が出たのが、東京都の貯蓄額。

 

「貯蓄額には都道府県別の賃金水準が大きくかかわっていて、賃金が高いところは、貯蓄額が上位で、低いところは下位という傾向がある」(石川さん・以下同)

 

石川さんが言うように、貯蓄額1位の大阪府は全国3位の平均賃金、貯蓄額最下位の青森県は全国最下位の平均賃金だった(総務省・平成29年都道府県別賃金による)。だが、平均賃金全国1位の東京は、予想外に低くなんと19位(373.1万円)。

 

「東京は全国から人が集まってくるので、お金に対する意識が高い人と、そうでない人とのギャップが大きい。お金を貯めている人は、ものすごく貯めているが、貯金がまったくない人もいます」

 

東京は、都民性がないのが都民性だということだ。

 

今回のデータ分析して、大阪府に次いで特徴が出たと石川さんがいうのが沖縄県。「自分は『浪費家だ』と思う」(女性)で1位だが、「お金をかけるものとかけないものを決めている」でも1位。さらに「貯蓄額の目標を設定している」では3位と、浪費と貯蓄の意識が矛盾しているーー。

 

「沖縄の人は、貯蓄額の目標を設定して、お金の使い方にメリハリをつけたい気持ちはすごくある。ところが、お金をかけたい項目別の意識調査では、『健康』(1位)、『美容・化粧品』(2位)、『衣類・ファッション』(4位)、『教育』(2位)、『恋愛』(4位)など、全国でも上位にランキング。つまり貯蓄への理想は高いが、ついついお金を使ってしまうのが、沖縄の特徴だといえます」

 

男女の意識差が大きく表れたのが富山県だ。

 

「自分は『浪費家だ』と思う」にYESと答えた男性は1位、女性は44位だった。また「自分は『貯蓄上手だ』と思う」意識調査では、富山県の女性は3位と堅実なのだ。だが、富山県民がお金をかけたい項目の上位に挙げたのが、「自動車」(2位)と「住宅」(7位)ーー。

 

「とくに住宅に関しては、富山県は持ち家住宅率79.4%、住宅延べ面積152.18平方メートル。ともに全国1位です(2013年総務省統計局「住宅・土地統計調査」)。これだけ広い家に住むということは、水道光熱費および修繕費用なども多くかかる。“家や車にお金をかけたい夫と、その購入・維持のために貯蓄を頑張る妻”という構図が見えてきますね」

 

また、奈良県では女性が「自分は『浪費家だ』と思う」で2位だった一方で、「自分を『倹約家だ』と思う」男性は1位だった。

 

「お金をかけたい分野では、『衣類・ファッション』(7位)、『美容・化粧品』(3位)、『教育』(3位)に関心が高く、『堅実な夫とおしゃれで教育熱心な妻』という夫婦像が浮かんできます」

 

※ランキングは、ソニー生命保険株式会社が、2017年11月に全国4,700人(各都道府県100人)の20〜59歳の男女に対し、実施した調査による。

関連タグ: