エネルギーを呼ぶ、インドの神様

インドの神様はイーシュワラ、大自然のエネルギー、法則を表したもの。
お祈りの対象を造る事で集中力が高められて、そのエネルギーに呼びかける事ができます。
呼びかける時の音が、サンスクリット語のマントラです!
  
パワースポットの写真を待ちうけにすると良いらしいですが、
インドではインド神様やサンスクリットの文字そのものが、エネルギーを呼ぶと信じられています。

特に、今の時代はカリユガ=暗黒の時代
こういう時はマントラを唱えるのが一番脳やマインドにいい影響を与えて、良い環境に変えられるそうです☆
  
 

シヴァ ~ オーム ナマ シヴァーヤ ~

image  

 破壊神。 ネガティブさや現状を破壊するエネルギー。 破壊の後には創造がきます。
  新しい自己への変革を意味するので、ヨガの神様!

 

ビシュヌ ~ オーム ナモ ナーラヤナーヤ ~

 image

 維持・調和。 全てに行き渡り、宇宙の秩序を保つ。
  慈悲深く、善良な質を現すので、インドでは最も人気の高い神様

 

ガネーシャ ~ オーム スリ マハ ガナマタイェー ナマハ ~

 image

 智慧と成功の神様。 太く力強い鼻で、行く手を阻む全ての障害を取り払ってくれます。
  インド料理屋さんでも見かけられる様に、商売繁盛の御利益もあります。   
  

ドゥルガー ~オーム スリ ドルガーイェ ナマハ ~

 image

 力・強さ。 美しい女神ですが、子供を守るなど神聖なシャクティ=力を表し、祝福を与えてくれます。

 

ラクシュミー ~オーム スリ マハ ラクシュミイェー ナマハ ~

 image

金運と美と愛の女神。 ビシュヌの妻。維持するのには富・愛が必要という事です。
  物質的な事だけでなく、心の豊かさなども含めての富・美・愛。