北海道・福島町“青の洞窟クルーズ”で人気のドローン記念撮影…「日本の半島」最旬情報【9月・10月】
画像を見る

日本全国に50カ所以上ある「半島地域」専門の情報サイト、『半島は日本の台所』。それぞれの地域が独自に育んできた「美食」の数々を中心に、どこよりも半島の“今”がわかる場として話題だ。

 

今回は同サイトの9月の特集ラインナップから、よりすぐりの観光情報をお届け! 冒頭の写真は、現在サイトTOPにある北海道・渡島半島特集より、福島町にある「青の洞窟」を周遊するツアークルーズのひとつ、「岩部クルーズ」で人気のドローン記念撮影。

 

道南地域で唯一の「青の洞窟」は、他所と比べて入り口が狭く洞窟内が広いため、青い輝きが一面に広がることで有名だそう。洞窟へ向かう航路は、陸には道路がない大自然の中をクルーズしていくため、イルカ・アオサギ・エゾシカなど、様々な野生動物と出会えることも。また、同クルーズで乗る小型船は底面の一部がガラスになっている「グラスボート」のため、魚たちが泳ぎ回る幻想的な海中を観ることもできる。

 

北海道・福島町“青の洞窟クルーズ”で人気のドローン記念撮影…「日本の半島」最旬情報【9月・10月】
画像を見る 熊本県・天草市に『天空の城ラピュタ』を思わせる大樹あり

 

■熊本県・天草市に『天空の城ラピュタ』を思わせる大樹あり

 

その姿はまるで、大空をたゆたう“ラピュタの大樹”…。熊本県・宇土天草半島の天草市にある「西平椿公園」には、スタジオジブリによる日本を代表するアニメ名画『天空の城ラピュタ』のラストを思い起こさせるような大樹「アコウの木」が鎮座している。高さ20m、樹齢数百年ともいわれるこの大樹の前に立てば、同作のファンならずとも、物語の中に入り込んだような心地にうっとりするはず。

 

また、海辺に位置する西平椿公園は、「日本の夕陽百選」にも数えられるほどのサンセットの名所。とくに、海中に佇む「小ヶ瀬の岩」の二股にわかれた先端のあいだに太陽が沈んでいく瞬間は圧巻だ。

 

次ページ >長崎県・諫早市で「海に浮かぶ霊山」を眺めながら獲れたての鮮魚に舌鼓

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: