京アニ放火事件から1年…「盗用」主張の青葉容疑者に厳しい声
画像を見る

京都アニメーションで放火殺人事件が発生してから、7月18日で1年を迎えた。京都市伏見区の第1スタジオが全焼し、社員36人が死亡。33人が重軽傷を負った大惨事は、世界中を震撼させた。

 

各メディアによると同日に事件現場で追悼式が行われ、八田英明社長や遺族らが参加したという。また京アニはYouTubeで、追悼のための映像を配信。事件発生時刻の午前10時35分に、黙とうが捧げられた。国内外からは、亡くなった方々への冥福を祈るメッセージが寄せられている。

 

「人を大切にし、人づくりが作品作り」を企業理念に掲げている京アニ。京都新聞によると、八田社長は今後について「建物を新しく建てるのが再建ではない。一番大きいのは心。作品を作り続けることを大事にしたい」と語ったという。

 

いっぽう犯行に及んだ青葉真司容疑者(42)も、事件当日に全身に重度のやけどを負った。一時は重篤な状態が続いたが、皮膚の移植手術など高度な医療技術で回復。

 

容体が安定し「勾留に耐えられる」との判断を受け、5月27日に逮捕・送検された。現在は事件当時の刑事責任能力や精神状態を調べるため、精神鑑定が行われている。

 

次ページ >青葉容疑者は「京アニによる盗用」を主張

関連カテゴリー: