45股詐欺男“鉄板ネタ”は「象の調教師の資格持ってんねん」
さわやかな笑みを見せる宮川容疑者(被害者提供) 画像を見る

「最初はインターネットの掲示板を使って被害にあった数人ぐらいで情報交換をしていたんです。それで『あの男を呼び出してこらしめてやろう』と、考えていたのですが、どんどん“私もだまされた”という女性が増えてきて……。これは法に訴えるしかないと、考えるようになりました」

 

本誌にそう語るのはシングルマザーのAさん(47)。

 

彼女がかつて“交際”していた宮川隆史容疑者(39)が逮捕されたのは4月20日。詐欺容疑だった。彼はなんと数十人もの女性と同時に交際していたという。

 

Aさんが宮川容疑者と出会ったのは’20年1月。きっかけは結婚を前提としたマッチングアプリで、顔写真や趣味などを登録すると、気になる異性と連絡を取り合うことができるサービスだった。

 

「当時の彼は38歳。私よりかなり年下なので間違いかと思ったのですが、『年齢は気にしないから』と。何回かやり取りをした後、(大阪の)梅田で待ち合わせをして、カフェで話をしました」

 

2回目のデートは4日後。容疑者はAさんにキスをしてきた。

 

「私は『2回しか会っていない人とそういうこと(キス)をしたくない。一生一緒にいられる人じゃないとイヤなんです』と、言いました。すると彼は『俺も本気や。一生一緒にいるつもりや』と、言い返してきたんです。『結婚したら、夫婦2人で世界一周したい』とも言っていました。そこまで本気なら、と交際をスタートすることにしました」

 

詐欺や悪質商法に詳しいジャーナリストの多田文明さんは次のように解説する。

 

「コロナ禍で人と会う機会が激減しているなか、マッチングアプリを始める人が増えています。そのいっぽうで、詐欺師たちの狩り場にもなっているのです。プロフィールは自己申告制ですが、真剣に結婚を望む女性ほど性格・年収・趣味などの自分の情報を真面目に書いてしまいます。それで詐欺師は女性に合わせたキャラクターを演じたり、話を合わせたりしやすくなるのです」

 

Aさんは宮川容疑者のどんな部分に引かれたのだろうか?

 

「中小企業診断士の資格など20~30の資格を持っているという話をした後で、『象の調教師(の資格も)持ってんねん』と……、思わず笑ってしまうんです。

 

映画や旅行の話とか、たわいのない話をするのも上手でしたし、人を飽きさせませんでした。それに『スタイルがいいね』『肌がキレイだね』とか、女性が言ってほしいと思う言葉を、恥ずかしがらずにサラっと言うんです」

 

実は「象の調教師~」は宮川容疑者の“鉄板ネタ”だったという。

 

Aさんと交際を始めて2カ月後、容疑者はこんな話を切り出してきた。

 

「『俺が6歳のときに母は死んでいる。でも一生自分と人生をともにする人には一生健康でいてほしいから』と熱弁され、水素水の購入の契約を結ばされていました」

 

次ページ >「つむじ見当たらない」被害者語る“カツラ疑惑”の裏側

【関連画像】

関連カテゴリー: