体型作りの専門家が警鐘!野菜の取り過ぎはぽっこりおなかに

「糖質を避けてもおなかが引っ込まない」「上半身は細いのに下半身だけ太い」など、世の女性たちの体形にまつわる悩みは尽きない。

 

「薄着の季節になりましたが、夏本番までに、ダイエットは今からでも間に合います。きつい運動をしなくても下腹、お尻、太ももなど“部分やせ”は可能です!」

 

そう語るのはプロポーション研究家で「キレイファクトリー」主宰の蓮水カノンさん。蓮水さんは運動生理学や解剖学などを学び、体重を減らしながら体形を整える方法を提唱。サロンには18年間でのべ4,000人が訪れ、蓮水さんのアドバイスのもと多くの女性がダイエットに成功。理想的なプロポーションをキープしているという。彼女がカウンセリングをするなかで発見したのが、「ふだん食べているものによって、太くなる部位が違う」ということ。

 

「たとえば、ラーメンやうどんなど麺類のほかパンが好きという人には“ぽっこりおなか”体形の方が多く、“下半身だけぽっちゃり”の人は野菜炒め、カレーなど味が濃く辛い食事を好んで食べていました。食事の好みと生活リズムが体形に関連していることがわかったのです」(蓮水さん・以下同)

 

野菜はいくら食べても太らないと思っている人も多いが……。

 

「1日350グラム食べることを推奨されていますが、それは食べすぎ。特に1回の食事で100グラム以上の生野菜を食べている人のほとんどがぽっこりおなかに悩んでいます。食物繊維も、取りすぎると消化しきれず、大腸にたまってしまい便秘を招きます。やせたいのなら1回50グラムまでに」

 

また、部分太りの原因のひとつが、間食の習慣にあるという。

 

「コンビニなどで甘いにおいの焼きいもが売っていますが、さつまいもは下腹が出る原因になりやすく、体重が増えてくるとお尻まわりが大きくなります。おやつにドーナツを食べている人はお尻にお肉がつきやすくなります。クリームシチューやビーフシチュー、カレーは脂質・塩分が多く、とろみをつけるために小麦粉も使われているので、ダイエットには大敵。また、下半身のむくみで悩んでいる人は、ベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉が関係しているようです。これらは塩分や肉の脂身をダブルで摂取するので、ふくらはぎがむくんでパンパンになってしまいます」

 

三度の食事は摂取カロリーではなく、グラムで量るのがポイント。蓮水さんがダイエット中に勧める“カノン食”は、ご飯100グラム、生野菜50グラム、肉か魚100グラムを取ることが目安だという。食事の時間を定め、1食は基本のカノン食を食べ、しっかり水分を取ると、食べる→排泄する、の好循環が生まれてくる。

 

「やせてもスリムな体形をキープするには、1日1食をカノン食にすることに加え、太りやすい部分に関係するNG食は2日続けて食べない、ドカ食い防止、間食は1日1回100キロカロリーまで、を心がければ、夏までに理想的なプロポーションが実現できますよ」

 

“下半身デブ”の悩みとおさらばするため、今すぐ始めよう!

関連カテゴリー: