「うちのクロチャンが当選するなんて、最初は信じられませんでした。でも、本当にうれしいです」

 

沖縄県那覇市在住のピアノ講師・砂川楠汀子さんは、こう感慨深げに語る。砂川さんの愛猫・クロチャン(オス・推定5歳)が見事、当選を果たしたのは、架空の猫都市「ニャハ市」の、記念すべき初代市長を決める選挙。9月16日に告知され、那覇市の猫7匹が立候補した。

 

投票は観光客にも人気の牧志公設市場など市内10カ所で、同月24日から10月6日まで実施され、翌7日に開票された。

 

有効得票数1,386票のうち、 “マにゃフェスト”を「クロチャンミクスの実現……ニャハ市の経済を発展させ、ぼくたち猫の幸せを実現させるニャ!」としたクロチャンは316票を獲得し、次点のぶん太郎候補(オス・推定8歳)に90票の大差で圧勝した。

 

折しも、この秋の沖縄県は9月30日投開票の知事選を皮切りに、豊見城市長選、那覇市長選と首長選挙が続いた。そんな熱い選挙シーズンに、これまたホットなニャハ市長選を主催したのが「島猫力向上委員会」。その委員長で動物愛護団体「TSUNAGU OKINAWA」の代表・畑井モト子さんは、ニャハ市長選の目的を熱く、こう語る。

 

「目的は猫の地位向上。日ごろ関心の薄い人にも猫の魅力に気づいてほしい。結果、野良猫が1匹でも減れば、また、まだ少なくない県内の殺処分がゼロになればと思い、選挙を実施しました」

 

図書館の1日猫館長を務めたこともあるにゃんにゃん丸、みそ大好きな飼い猫のフジ、サロンの看板猫・おもち、デザイン事務所の看板猫・ぶん太郎、市場の猫店長・梅にゃん……今回、立候補したみんなも、かつては野良で、保護された経験がある猫たちだ。なかには、この選挙で新しい飼い主さんを探したグルー(仮名)なんて猫も。もちろんクロチャンも、元は立派な野良だった。

 

「3年ぐらい前です。教室でピアノを弾いてると、決まって窓の外にやってくる黒い野良猫がいて」

 

いまではクロチャンにメロメロの砂川さんだが、当時は猫が苦手だったそうだ。ところが、何度追い払ってもピアノを聴きにくるクロチャンが、いつしかかわいく思えてきて……。

 

「『シッシ、あっちいけ!』って何回やっても、私の前に来てかわいい声で『ニャ~ン』って鳴くんです。そのうち、しばらく姿が見えないと、『あれ? クロチャン来ないね』と心配になったり(苦笑)。その後、うちの猫になって、いまではもう、片時も離れられない」

 

それどころか砂川さん、クロチャンを家に迎え入れて以降、さらに4匹の猫を保護し、大切に育てている。今回の選挙、クロチャンのキャットフレーズ、もといキャッチフレーズは「面倒見の良さは負けません!」だったが。

 

「本当なんです。黒ちゃんの朝は、まず後輩猫たちの全員の毛づくろいから始まるんです。また、新入りの猫が来たときには、自分が大切にしているネズミのオモチャをくわえていって、ポンとその子の前に置いたこともありました」

 

どうしてどうして、かわいらしい顔からは想像もつかない、親分肌の初代ニャハ市長。面倒見のよさで圧倒的支持を得たようだ。