ホームの待合室や新幹線車内…専門家が電車クラスターに警鐘
品川駅にも人が戻りつつある(写真:アフロ) 画像を見る

「マスクをしていても電車内での感染リスクはありますし、最近では通勤時間帯などで満員状態に戻ってきています。これまで電車内でのクラスター感染は報告されていませんが、そもそも把握するのが難しく、絶対にないとは言い切れません。今後、電車での感染者が増える可能性はあるでしょう」

 

こう語るのは、PCRセンターにも勤務する感染症専門医で、のぞみクリニックの筋野恵介院長。東京都では連続して新型コロナウイルスの感染者数が100人を超えるなど、全国的に増加の一途をたどっている。

 

キャバクラやホストクラブといった“夜の街”での感染事例が連日、報道されるなか、医療関係者たちが危惧しているのが電車や駅で働く鉄道従事員の感染増だ。

 

「7月1日、JR東海道線と横須賀線のグリーン車で車内販売などを担当する女性スタッフの感染が発表されました。翌日には都営新宿線の定期券発売所に勤務する男性の感染も発表され、鉄道関係者は危機感を抱いています」(医療ジャーナリスト)

 

海外でも鉄道での感染が社会問題化している。

 

「6月に入っても連日、1千人前後の新規感染者が出ているイギリスでは、6月15日から鉄道やバスなどの公共交通機関を利用する際に乗客のマスク着用が義務付けられました。違反者には罰金が科せられるなど、徹底しています」(前出・医療ジャーナリスト)

 

日本にも“電車クラスターの恐怖”がすぐそこまで来ている。

 

次ページ >新幹線内の待機スペースは危険!

関連カテゴリー: