小室圭さん問題沈静化せず…元婚約者男性の元妻語る困惑胸中

皇居の宮殿に、五輪メダリストや人間国宝、ノーベル賞受賞者ら、平成を代表する人物が勢揃いした。そして皇族方の中には、秋篠宮家の長女・眞子さまのお姿も――。

 

2月25日・26日、3回にわたり催された宮中茶会。24日に行われた、天皇陛下の御在位30年を祝う記念式典のお礼として、合わせて約2千100人が招待された。

 

「新年の宮中行事ではご表情が硬かった眞子さまですが、今回は久々に笑顔を見せられていました。眞子さまにとっては、つらい現実を忘れられる、つかの間のひとときだったのかもしれません。小室圭さんの借金トラブルは、まったく解決の糸口が見えない状況だからです」(皇室担当記者)

 

小室さんが突然、代理人を通じて文書を発表したのは1月22日。それから1カ月以上が経過したがワイドショーではいまだに小室さんに関する特集が続いている。テレビ局関係者は声を潜めて言う。

 

「今年はお代替わりで皇室への注目も高まると考えていました。しかし小室さんの話題はその予想を超える反響で、かなりの高視聴率を記録しているのです」

 

各局は小室さんの母・佳代さんが元婚約者X氏に送ったメールを公開したり、X氏のインタビューを繰り返し放映したりしている。X氏は小室さん一家とは20年以上前から顔見知りだったが、X氏と数年間生活をともにしていた元妻がこう話す。

 

「あの人はとにかく真面目で、困っている人がいれば自分の身を削ってでも助けるような人でした。あまりテレビには出すぎないで、粛々と話し合いを進めたほうがいいのではないかと思いますが……」

 

温厚だったというX氏まで怒らせてしまった小室さん。この重大なミスを挽回することはできるのか――。

関連カテゴリー: