小室圭さん「帰国1年前倒し」へ!安倍政権の法改正が追い風
(C)JMPA 画像を見る

「ニューヨーク州だけで2万1千人以上、アメリカ全体では10万人以上の人が、新型コロナウイルスにより命を落としました。外出制限が続くなか、小室圭さんが通うフォーダム大学もキャンパスの封鎖が続いています」

 

そう語るのは全国紙政治部記者。新規感染者数は減りつつあるとはいえ、依然として厳しい状況が続くニューヨーク。多くの留学生が3月の感染拡大初期に帰国を決断したが、小室さんは現地にとどまっているというのだ。

 

5月下旬、小室さんの代理人を務める上芝直史弁護士は本誌にこう語った。

 

「明確に決まっているのは、ニューヨークで勉強して弁護士の資格を取ることです。スケジュールを変更するほどの大きな影響はありません。資格取得まで帰国せずに勉強に専念するという、当初の予定に変更はありません」

 

’18年8月に渡米した小室さんは、’21年5月にロースクールを卒業する予定となっている。現在も大学の授業はオンラインで続けられているという。それならば感染のリスクが高いニューヨークにとどまる理由はないように思われるが……。

 

「秋篠宮ご夫妻は、眞子さまと小室さんの結婚に難色を示されています。秋篠宮ご夫妻に“本気度”を示すためにも、弁護士資格を取得するまで日本には帰れない――。

 

リスクを顧みない決断の陰には、小室さんの譲れない信念があるのでしょう。テレビ電話で頻繁に連絡を取り合われている眞子さまも“フィアンセ”の身をとても心配されているはずです」(皇室担当記者)

 

留学2年目にして想定外の事態に直面した小室さん。しかし、朗報もあるという。

 

次ページ >小室さんに吹いた“追い風”

関連カテゴリー:
関連タグ: