小柴昌俊さんの研究人生「支えてあげたい」と妻も結婚決意
(写真:アフロ) 画像を見る

東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊さんが11月12日、老衰のため亡くなった。94歳だった。   小柴さんは観測装置「カミオカンデ」を建設し87年、同装置によって超新星爆発で放出されたニュートリノを世界で初めて検出。ニュートリノ天文学を開拓したことが讃えられ、02年にノーベル物理学賞を受賞している。   さらに97年に文化勲章、03...

【関連画像】

関連カテゴリー: