「20年前、私なんかが休業宣言するのもおこがましくて、そっと日本を出て行きました。今回、取材を受けたのは、私が生きていることをみなさんに知らせたかったからなんです(笑)」にこやかに微笑むのは、マッハ文朱(54)。  彼女が、週5本のレギュラー番組を抱えていた芸能界から姿を消したのが、20年前。留学していた米国の大学で知り合った台湾系米国人の国際線パイロット、ロバー...

関連カテゴリー: