image

 

2月8日放送の『モシモノふたり』(フジテレビ系)で、お笑い芸人の横澤夏子(26)とオリエンタルラジオの藤森慎吾(33)が1泊2日の同棲生活を行った。その際の”あるやりとり”が論争となっている。

 

プライベートでも恋愛相談をする仲だという2人。横澤は藤森が同居相手だということが分かると安堵の表情で、「えー!嬉しいよー」とご機嫌な様子。また横澤が朝食を用意すると、藤森もご満悦。部屋にはダブルベッドが1つ、自然となんだか良い雰囲気に――。

 

しかし藤森が着替えないままベッドに横になると、横澤の表情が一変。「えっ!その服、パジャマですか?」と彼女が問い詰め始めたのだ。

 

藤森は「いや、パジャマではないけど……。寝るときはちゃんとあるよ、着るやつが」とおどおど。さらに横澤が「これ外行ってたやつですか?」と突っ込むと、「出た、(こういうこと言う人)いる!(笑)」と嫌な顔に。それでも「外の服を、外の菌を、私はこれ(外着)で絶対に座らない」と激怒する横澤に、藤森は困惑していた。

 

このVTRを見たりゅうちぇる(21)は「僕でも、どんなに疲れていても(ベッドには服を脱いで)全裸でいく」と横澤の意見に同調。全裸で寝るという意見に「えー!!!」という驚きの声もあがり、スタジオでも賛否が分かれるかたちになった。

 

交際相手と同棲して1年の20代女性はこう語る。

 

「ベッドに入るときはお風呂に入ってパジャマに着替えてからじゃないと汚い、と育てられてきました。だから、彼氏が酔っぱらって帰ってきてそのままベッドに横になると叫んでしまいます。折衷案で、『お風呂はいいからとりあえず部屋着に着替える』をルールにしました。それでも本当は嫌なんですけどね……」

 

いっぽう別の20代女性はこう語る。

 

「潔癖すぎません?汚れたら洗えばいいだけ。逆に全裸で寝られるほうが嫌ですね(笑)」

 

“外着のままベッド”は汚い?汚くない?いずれにせよ、同棲前にすり合わせが必要かも。

関連タグ: