消えた小保方晴子さん 実家も「まるで廃墟のよう」と近隣住民
16年出版の手記は印税3千500万円とも報じられた。 画像を見る

二階のベランダにかかっている物干し竿は錆びついており、窓の奥に見えるふすまには穴が開いている。千葉県内にある小保方晴子さん(35)の実家には、人が住んでいる気配はまったくなかった。   '14年1月に小保方さんが発表した「STAP細胞」は世界的に注目され、彼女は“リケジョの星”ともてはやされた。しかし、その数カ月後に研究に関する不正疑惑が浮上し、最...

【関連画像】

関連カテゴリー: