image

(写真:AFLO)

 

日本時間8月22日、アメリカの歌手マライア・キャリー(47)が自身のインスタグラムに投稿した写真が話題を呼んでいる。マライアは、アメリカの人気雑誌『ペーパー』の最新号の表紙に選ばれたことを報告するとともに、自身がトップレス姿で写っている同誌の表紙写真をアップした。

 

表紙に写るマライアはくびれもくっきりだが、これに対して「これはあなたの本当の体ではない!」「フォトショップ(写真加工ソフト)の使いすぎにもほどがある」と多くの批判的なコメントがついている。彼女は先月、「推定119kgに“激太り”」と、コンサートでの様子がキャッチされ話題になったばかり。そのとき、関係者は「彼女は体重が増えたことをあまり気にしていない。自身の曲線美には満足しているようだ」と答えたという。

 

しかし、今回の“写真修正疑惑”で、やはり「激太り報道」を気にかけているのではという声も。同投稿のコメントには「いまの自分の体を受け入れるか、ジムに行きなさい」と辛辣な意見も見受けられる。