マラドーナさんの死の謎深まる、担当看護師が新たな証言
2008年のカンヌ映画祭で(写真:ロイター/アフロ) 画像を見る

サッカー界の伝説、ディエゴ・マラドーナさんが先月死去したが、主治医が過失致死容疑で捜査を受ける事態となっている。   マラドーナさんは硬膜下血腫の除去手術を受け、自宅療養中だった25日に心臓発作で亡くなった。主治医のレオポルド・ルケ医師は、マラドーナさんの自宅でのケアを怠ったとして責任を追及されているが、担当の看護師が新たな証言を行った。 &...

関連カテゴリー: