image

韓国ドラマ・俳優、K-POP、K-Idol…と続いている韓流ブーム。次のブームは­K-Modelで決まり!本誌でも大好評だった韓国人モデル4名がK☆STAR LOVERSのインタビューに登場。

 

第2回目はSHINee、B.A.P、防弾少年団らモデルの枠を超えた交友録を持ち、注目を浴びているキム・キボム。EPIK HIGHが’14年に発表した『spoiler+happen ending』のミュージックビデオで失恋した男を熱演し話題を集めた。現在、韓国では空前のHIPHOPブームが到来中。DJに特化した番組も誕生し、クラブシーンに世間の関心が集中するなか、キボムも今年正式にDJデビューを果たし活動をスタート。韓国トップモデルの活躍にますます熱い高ぶりをみせている。

交友関係も広くパーティーシーンで活躍するキボムだが、意外にもおっとりとほんわかムードの中で撮影&インタビューが行われた。

 

――自分の魅力ポイントは?

自分ではよくわからないですが、周囲からは、前髪を上げた時と、下ろした時でイメージが変わると言われます。

 

――モデルになったきっかけは?

僕はもともと背が高かったのですが、学生の頃は太っていました。塾に行ったり勉強したり普通に暮らしていながらも、心のなかでは、ファッションに関心があってモデルになりたいと思っていました。また、高校1年生のときに付き合っていた彼女にふられたんです。そのときに、後悔させてやる!と痩せてモデルをはじめました。

 

――モデルをしていていちばん思い出に残っていることは?

モデルになるためにアカデミーに通いますが、当時そこで仲良かった友達と、「俺たちモデルになっていつか同じショーに立とう」と約束をしたんです。そしてその一年後、それが叶いました。ショーが始まる前、バックステージで「去年の約束が叶ったね」と話したのを覚えています。

 

――その友達のモデルは誰ですか?

同じYGKplus所属のキム・ハクスです。

 

――モデルをしていていちばんつらかったことは?

モデルの仕事をしながら精神的につらい時期もあるんですが、同時に体調も崩してしまったとき。治るとわかっていてもつらかったですね。

 

――つらいとき、どうやって対処しますか?

僕は、友達を呼んでおしゃべりしたり、DJをして遊んでリフレッシュします。

 

――DJに興味をもったきっかけは?

最初は友達同士が、仲良くなったらいいなと思って、紹介をよくしていました。でも、人数が増えるにつれて把握できなるじゃないですか。それでパーティーを開くようになったんです。親しい友達を集めて小さな会場を借りてパーティーをはじめて、最初はスピーカーもなく携帯で音楽を流していたのですが、そのときに、小さくてもいいからDJの機材を買って、僕の好きな曲をみんなに聴かせたらもっと楽しいんじゃないかなと思いついたのがきっかけです。もとから通っていたジムで流す曲を僕が選んでいたんです。EDMやノリのいい曲で、楽しく運動しようと。それもきっかけのひとつですね。

 

――DJ活動は主にどんなことをしていますか?

ファッションのイベントや学祭、クラブやホテルのパーティーがメインです。これからも続けていきたいと思います。一、二週間に一度の頻度でやっています。ストレス解消にもなるんです。趣味ではじめましたが、専門的に勉強するようになりました。独学でやっていた期間を含めると二年くらい経ちました。専門的にはじめたのは最近です。

image

――EPIK HIGHの『Spoiler』のMVに出演されましたが、どうでしたか?

演技自体はじめてだったので、不安でしたし、とても緊張しました。でも、これまでしてきた雑誌などの撮影と似ていました。僕を発した瞬間、発音を気を付けないといけなかったり、セリフを覚えないといけないけれど、ミュージックビデオは言葉なしにその感情と状況を表現するので、思っていたよりも大丈夫でした。もちろんはじめてだったので、心配はありましたが、いい機会に恵まれたと思っています。出演が決まった次の日に撮影をしました。

 

――演技に関心はありますか?

あるのですが、今は歯の矯正中で発音が完璧にできなくて。DJも勉強して演技もとなると、やりすぎという気もするので・・・。今でもよく映画を見て、出ている人の演技を見たりしていますが、矯正が終わったら集中的に勉強したいと思います。

 

――プライベートのファッションスタイルは?

Tシャツにジーンズが多いですが、形の綺麗なTシャツやスプライトなどパターンがあるものを選んでいます。

 

――好きなファッションブランドは?

Alexander Wangなど形がきれいなもの。

 

――いつも必ず持ち歩くアイテムは?

ニット帽とヘッドフォン。カバンはあまり持ち歩きません。撮影では派手なヘアスタイルが多いので、終わったらよくニット帽をかぶっています。ヘッドフォンは、僕がDJをするときに使っているのですが、ふだんもこれで音楽を聴いていたり、DJ用の編集作業をしています。

image

――スタイル維持の秘訣は?

僕は太りやすい体質なので、運動して食事に気をつけています。

 

――よくショッピングをする場所は?

セレクトショップによく行きます。あとは百貨店とかですね。清潭洞と新沙洞が多いです。

 

――友達と遊ぶときによく行く場所は?

どっかに行くというよりも、小さいパーティー会場で集まります。パーティーをよくしますね。

 

――親しいモデル仲間は?

皆さん仲がいいです。インスタグラムも友人との写真がいっぱいです。

 

――日本人にオススメしたいスポットは?

梨泰院にある経理団通り。日本から遊びに来るなら新沙洞もいいと思いますが、経理団通りは異国の雰囲気がありながら、ふつうのレストランもあってオススメですよ。

 

――モデル活動以外に、今後チャレンジしたいことは?

より多くの人に音楽を届けることと、よいキャラクターに出会って演技をしたいです。

image

<動画インタビュー>

image

 https://youtu.be/KzQSJ5L2Evc

<プロフィール>

キム・キボム 187cm。高校2年生からモデル活動をはじめ、若手のなかで圧倒的な人気を誇る。若干20歳ながらソウルファッションウィークに6回出演。

インスタグラム:@kibumee

(撮影/Gun Don Lee(amabile231)、動画/Kim Uni)