死んだ息子の心臓の鼓動を聞いた時、母親は――

投稿日: 2016年02月02日 19:00 JST

image

CBS

 

ヘザー・クラークは4歳になるジョーダン・ドレイクの胸に聴診器をあて、耳をすました。そこから聞こえてきたのは、力強い鼓動。約3年前に亡くなった愛息ルーカスの心臓は、確かに命の音を刻んでいた。

2013年6月、ルーカス・クラークはわずか生後7か月の短い一生を終えた。何の前触れもない突然死だった。悲嘆に暮れながらも、母親であるヘザーは息子の臓器提供を決意。その結果、3人の子どもの命が救われた。この内の1人がジョーダンだった。

ジョーダンは先天性の心臓疾患を抱えて生まれ、生後18か月の時点で6回に渡る心臓手術を受けていた。この先、ジョーダンが成長するには新しい心臓が必要であることを、ジョーダンの母親ゴンザレスは痛感していた。しかし、心臓がもらえるということは、その持ち主である子どもの死を意味する。ゴンザレスは葛藤しながらも、ドナーを待ち続けた。そして奇跡は起こった。ルーカスの心臓が、ジョーダンの体に適合したのだ。移植手術は速やかに行われ、ジョーダンは命の贈り物を受け取った。

「私がどれほど、この女性(ヘザー)に感謝しているか……。『ありがとう』なんて言葉じゃとても言い表せないわ」とゴンザレスは語ったという。

その約3年後の先月29日、ヘザーとジョーダン親子は初対面を果たした。臓器移植コーディネーターのジャクリーン・カイデルによると、ドナー家族と受容者家族が直接的なコンタクトを取る例は全体の5%ほどであるという。

息子の心臓の音を聞いて泣き崩れるヘザーに、ゴンザレスはこうささやいた。「あなたの赤ちゃんよ」。

この様子はCBSで放送され、大きな反響を得た。双方の親は、この放送が臓器提供について考える機会となってくれれば、とコメントしている。

ヘザーはジョーダンの高校卒業式や結婚式など、人生の大きな記念日を共に祝っていくつもりだという。

【関連記事】

ドレスを試着した中学生に店員が心ないアドバイス――母親の訴えを8万人が支持

Twitterが叶えた少女の願い――テイラー・スウィフト、がんと闘う少女をサプライズ訪問

死産した母親が350リットルもの母乳を寄付した理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング