なんで?懐かしのインスタントカメラが若い女子に人気な理由

投稿日: 2017年05月03日 17:00 JST

1990年前後からデジカメやスマホが普及するつい数年前まで、
人々に深く浸透していた「インスタントカメラ」。
手軽に持ち運びができる使い捨てカメラ“写ルンです”、その場で現像される“チェキ”なんかは
多くの人が馴染みのあるのではないだろうか。

 

近頃、このデジタル時代にも関わらずそういったカメラが再び盛り上がっていると聞きつけた。
しかも使っているのは若い女の子だと言う。スマホで写真が簡単に撮れる今、何故?
実際にカメラを使って確かめてみよう。

 

image

 

image

 

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ……!

 

image

今回わたしが検証のために集めたのはこの3つ。

 

image

チェキ、写ルンです、コダックのスポーツ防水使い捨てカメラだ。
実際に手に取って、カメラ女子をエンジョイしてみる。

 

<チェキ>

 

image

「世界で一番かわいいカメラ」と言われているだけあって
まず見た目がめちゃくちゃかわいい。
この“チェキ” instax mini 8+。
カラーはバニラ、ミント、ストロベリー、ハニー、ココアの5種。
無性に悶えたくなる溢れる女子感……!!
持っているだけでかわいいカメラ女子になった気分だ(気のせい)。

 

ほどよい重量感。手のひらにちょうど収まるサイズ。
シャッターを押せば、カメラの上部からフィルムが出てきて
徐々に発色されていく。

 

わたしは公園で気持ちよく写真を撮っていた。
寝転がる猫、咲き乱れる桜、
よく晴れた春の公園には素敵なモデルがいっぱい。
あっちもこっちもと、わたしは撮っていたがそんな時に事件が起きた。

 

image

いつまで経っても猫ちゃんが現れない。

 

それもそのはず、チェキにはいくつかのモードがあって
「めっちゃ晴れてる日」にダイヤルを合わせないと光で景色が白飛びしてしまうのだ。
さっきわたしが「なんやこのかわいい猫ー!!!最高のシャッターチャンスいただきや!!!!!」と思った猫は

 

image

無残な姿でフィルムに収まった。
しかし、間違えた設定が

 

image

逆に水彩で描いたみたいな味になることもある。

 

自宅で自作うさこを撮ろうとしたときは、
何度撮ってもファンダーで見た世界と違うものが出来上がることに苦しんだ。

 

image

逃げ回ってんのか。
でも考えてみれば

 

image

これだけ距離があるんだから当たり前だった。
とはいえ、ミスショットも「芸能人のプライベート写真流出」くらいの謎のセクシーさがある。
うさこでこれなんだから、
きっと実際の女の子をこんな風に撮ったらドキドキが止まらないだろう。

 

image

デジカメの失敗は大概失敗だけど、
インスタントカメラだからこそ「失敗も成功のうち」という部分がある。
予想外のものが出来上がって味になる、
それがインスタントカメラなのかもしれない。

 

<写ルンです>

 

image

十数年ぶりの再会。久々に持ってみると衝撃の軽さ。持ち運びにもってこい!
フィルムを巻く、フラッシュをつけるかつけないは選べる、シャッターを押す、
機能はシンプルでそれだけ。
フィルムを巻くギリギリいう音の懐かしさに、使い捨てフィルムを使ってたあの頃のいろんな思い出が蘇ったが
今写ルンですを愛用する子の中には昔を知らず「何これ!斬新!」という子も少なくないらしい。
どんなに早く出来上がりが見たくても、フィルムを撮りきるまでが写ルンです。
旅行に持って行って、フィルムが余ったら無駄に家の中を撮ったりしたものだ。
全部撮りきったら今は絶滅危惧種になりつつあるカメラ屋さんに持って行って、
現像しネガと一緒に現像した写真をもらう。
わたしは昔ネガを透かして見るのが無性に好きだった。

 

image

image

なんだろう?今見るとすごくレトロな仕上がり……!
Twitterで「#写ルンです」というハッシュタグがあるほど人気の理由は「盛れるから」だ。
チェキと同じく、ならではの独特な風合いが若い世代にウケている。
加工フィルターをかけなくても、
自然にフィルターをかけてくれる……写ルンですはそんな魔法を備えている。

 

<コダック防水>

 

かねてから、「もし明日沖縄の離島へ行ったら」と妄想を重ねる中で
「写真を撮りたい。でもデジカメやスマホだと防水ケースがあっても万が一を考えると怖いなぁ~」と防水対策を懸念していたが、

 

image

使い捨てフィルムの防水カメラなら何のためらいもなく水中に沈めることができる!
なんと水深15メートルまで耐えられるらしい。

 

image

わたしは使ってみるべく水辺へ向かったが、
都会の砂浜付近で綺麗なものなんて撮れるはずもない。
そこでカメラマンの古賀学さんが生み出した『水中ニーソ』よろしく
「水の中で女の子を撮ると光が乱反射して幻想的にかわいく見える」というテクニックを盗んでみることに……。
用意したのはバケツと綺麗な石、そして以前「大人が夢中になる!ときめき詰まったガチャポン会館」で獲得したぽっちゃりなバレリーナ・ポッチャリーナ。
ここで小さなプールを作って検証する。満を持して、ポッチャリーナを水に沈めた……!

 

▼BEFORE

image

▼AFTER

image

スマホで現場を確認すると、確かに水中の女の子(※ガチャポン)は凹凸を失って非・現実的な魅力を持った感じがする……!
しかしいざ現像してみると、

 

image

そこにあるのは光量不足で恐ろしくもやっとした写真だった。
カメラ屋のお姉さんいわく、
「こういったカメラはすごく光を必要とするので晴れた日専門ですし、晴れた日でも濁った水などでは太陽の光が届かない時もあります。すごく難しいんですよ」とのこと。
なるほど……。
この現像を終えての悲喜こもごもも、インスタントカメラならではの楽しみだな……!
水中カメラはやっぱり沖縄の離島で使おう!!!(教訓)

 

image

スマホで気軽に写真を撮れるようになった時代、
今の子たちが求めているのは「撮る」よりもう少し先の「よりよい(かわいい、オシャレな、SNS映えのする)写真を撮る」というところにある。
そこで「チェキ」や「写ルンです」が再度フィーチャーされると誰が思っただろう?
若い子たちの嗅覚は、わたしたちの想像や常識を越えて「かわいいもの」を探し当てる。

 

写真を撮るだけ撮って見返さないことも多いほど
「写真」より「撮ること」に重きが置かれてしまうこの時代だからこそ
もう一度インスタントカメラに立ち返るのも面白いかもしれない。

【関連記事】

「技術の勉強いらない」篠山紀信×Hey! Say! JUMP中島裕翔のカメラ談義

蛭子能収のゆるゆる人生相談「SNSに幸せそうな写真ばかりが……」
知らないうちに…「スマホ写真流出」の意外な罠

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト
https://4bunno1.wordpress.com/
ツイッター
http://twitter.com/yonusa1
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング