“男だけのバレエ団”日本人団員が語る「女性だった過去」

投稿日: 2016年07月16日 06:00 JST

image

“男だけのバレエ団”こと「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」初の日本人ダンサーとして話題になった名取寛人さん(47)。マッチョな体をチュチュに包み、古典バレエを華麗かつユーモラスに踊るトロカデロのバレエは娯楽性が高く、高度な技術に裏打ちされたステージは国際的に評価が高い。

 

メインステージに立てるのは、常に20人弱という狭き門。そんな難関バレエ団で7年間、年150回に及ぶ公演をこなし、寛人さんは踊り続けた。退団後はダンス・パフォーマーとして活動しながら、自身でプロデュースから演出まで手がける「Hiroto’s show」を始め、一昨年には東京都世田谷区代田にバレエスタジオ「N ballet arts」を開設した。

 

「スタジオも順調に生徒さんが増えて、本来は何の不満も悩みもないはずです。でも思ってしまうんです。このままでいいんだろうか、と。50歳という人生の節目の年齢が近づいてきて思ったんです。ありのままの自分をさらけ出して生きようって」(寛人さん・以下同)

 

その半生を、すべて隠さず明かすタイミングはいま−−。決意した彼は、1年後の出版を目指し、自伝を書き始めていた。

 

「原稿用紙でまだ100枚くらいですが。子供のころからの僕のすべてを書いています。僕が女性として、この世に生を受けたことも……」

 

’68年10月12日、寛人さんは名取家の長女として誕生した。5歳上に兄がいる。寛人さんは幼いころから活発で、近所の野山でクワガタやザリガニをとって遊んだ。自然に男の子とばかり遊び、仮面ライダーなどのヒーローが大好きで、女の子らしいことは大嫌い。自分は男だと信じたかった。しかし、中学2年のとき、心のなかでいちばん避けていた現実を、ある日、突然、突きつけられる。

 

「生理になったんです。『神様、ふざけんなよ!』って感じでしたね(笑)」

 

初めて勤めたのは新宿の“男装の店”だった。20歳ごろから男性ホルモン注射を打ち始めると、髭が生えるようになっていった。ダンスショーで有名な六本木のレストラン「金魚」に入店したのは20代半ば。メインダンサーとして踊る毎日は幸せだった。しかし、’98年、4年間働いた「金魚」をやめて目指したのはダンスやショーの本場・NY。渡米を前に胸の除去手術も受けた。

 

NYではバレエのジャン・ミラー先生に師事。ある日、朝のバレエクラスに“オーラの違う男性たち”が5人やって来た。自主練習に来たトロカデロのダンサーだった。楽しそうに踊る彼らのバレエに魅了され、公演を見た寛人さんは確信する。

 

「入団したい!ここが僕の個性を出せる場、自分を輝かせることができる場だ!」

 

ミラー先生に相談すると、即座に「無理ね」という答え。しかし、続けて「でも、ヒロトなら諦めることはないわ」とも言ってくれたという。そして’00年10月、初の日本人ダンサーとしてトロカデロに入団した彼の芸名は「ユリカ・サキミツ」。

 

「トロカデロでは女性だと絶対に気づかれない自信はありました。当時もいまもマッチョですから。ただメンバーたちから『女装が似合うよ』と、言われるのは複雑でしたね」

 

隠し通す自信はあったが、常に不安もつきまとう。そんな不安が現実のものとなったのは、’05年だった。中国公演を前に、寛人さんはトロカデロのディレクターに突然、「パスポートが“F”(Female=女性)なんだけど」と指摘されたのだ。

 

「ガーンですよ。いまごろそんなこと言うの?5年も世界を回ってきたのに、って」

 

ディレクターが本当に気づかなかったのか、それとも知らんぷりしてくれたのかはわからない。「何かのミスだろうから、日本に帰って直してきてくれ」とだけ言われた。この事件を機に、寛人さんは性転換手術を決意する。ちょうど傷めた膝の手術を受けることになっていたため、8カ月の休養をとって、手術も法的手続きも一気に済ませることにした。

 

「手術後の痛みは想像以上でしたが、その後の法的手続きは意外なほど、とんとん拍子でした。親の同意もあったから、2週間もかからずに戸籍も免許証もパスポートもFからM(男性)になったんです」

 

さらに2年、トロカデロで踊り、’07年に40歳を前に寛人さんは帰国した。それから9年。日本でも寛人さんは着実に、その歩みを進めてきた。それなのになぜ、自分の過去を公表することにしたのか。

 

「正直言って、カミングアウトの影響について不安はあります。『女性自身』を読んだバレエスタジオの生徒さんの反応とか……。でもいま自分の生き方を振り返ってみて思ったんです。もっと自分をさらけ出していたら、違う人生もあったんじゃないか、と。トロカデロ時代も、僕はあえて、自分からは仲間と親しく話そうとしなかった。うかつにしゃべって、性について突っ込まれることを避けていた。でも仲間に正直に話せていたら、もっと人と深く関われたのではないか、と。今回、公表することで、何かが変わるんじゃないかと、いまはワクワクしています。怖がらず、そのワクワク感を大事にしたい」

【関連記事】

りゅうちぇる「いつも笑って」引きこもり生活変えた母の言葉

話題の“ジェンダーレス男子”ようぢ&とまんの素顔
4つの違いは?セクシャル・マイノリティLGBTを正しく理解する

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング