小塚崇彦 新世代台頭で連盟が突きつけた「非情の引退勧告」

投稿日: 2015年12月02日 06:00 JST

image
(写真/AFLO)

NHK杯の激闘をよそに、横浜でひとり黙々と練習に励んでいた小塚崇彦(26)。今季は、左足首腱鞘炎で中国杯を欠場。ロシア杯には出場したものの、9位と振るわなかった。

 

「小塚選手にとって最後の望みは、年末の全日本選手権のみ。来年3月の世界選手権の出場権をかけて、最高の結果を出すしかありません。しかし出場枠は2枠しかないため、羽生選手や台頭してきた若手選手を制して優勝するしかない“崖っぷち”です」(フィギュア関係者)

 

ひたひたと押し寄せる新世代の波に、小塚は焦りを募らせているという。かつて“フィギュア界のサラブレッド”と呼ばれた小塚も、今シーズンは見せ場のない日々。そんな彼に、厳しい宣告が――。

 

「中国杯の棄権が発表された直後の11月上旬のことでした。小塚選手のもとを連盟関係者が訪れたそうです。表向きは左足首腱鞘炎の状況を見に来たとのことですが、この担当者はそこで彼に『君は指導者に向いている』『最近は解説者になる人も多いけど、それもいいかもね』などと語ったそうです。つまり、転向を暗に勧める事実上の“引退勧告”でした」(前出・フィギュア関係者)

 

だが、小塚は非情な“引退勧告”を、キッパリと拒否したという。

 

「連盟関係者が“将来の連盟幹部入り”もちらつかせるなか、彼は『不完全燃焼のまま終わりたくない!』と現役続行を訴えたようです。小塚選手は、7月下旬にフジテレビの大島由香里アナ(31)と婚約しました。彼女に『世界の舞台でもう一度輝く姿を見せたい!』という思いもあるのでしょうね」(別のフィギュア関係者)

 

婚約から4カ月、最愛の人のためにも、小塚は必死でもがいている――。

【関連記事】
「振付の謝礼は2曲200万円」フィギュア選手の財政事情
『あさイチ』に出演したフィギュアスケート羽生結弦選手の姿に揺さぶられた老婆心
浅田真央「僕の分まで頑張って…」小塚が贈った必勝御守

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】セクシー女王は誰だ!T-araのドキドキ指さしゲーム2016.09.27

今年で日本デビュー5周年を迎えたT-ara。先週に引き続き、K☆STAR LOVERSの独占インタビューをお届け! 今週は、お互いのことをよく知るメンバーが、「いちばん●●なメンバー」を選ぶフィーリン...