image

 

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(26)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【僕の後ろに憑いているものって……!?】

 

先日、氣志團の綾小路翔さんがMCを務める『深夜喫茶スジガネーゼ』という番組に出演させていただきました。

 

共演は湘南乃風の若旦那さんや、マキシマム・ザ・ホルモンのナヲさんといったミュージシャンの方々。いつもは、芸人に囲まれてばかりなので、すごく新鮮な雰囲気でした。

 

しかもうれしいことに、収録が終わった後、翔さんがわざわざ声をかけに来てくれたんですよ。何でも、マネージャーさんが僕と同じ“見える人”らしく、「霊感がある者同士、霊視し合ってみたらどう?」とのこと。

 

「これは話のネタになるかも!」と思った僕。もちろん快諾して、そのマネージャーさんのところへ向かったんですが……。僕と目が合った瞬間、マネージャーさんの表情が急に青ざめて、廊下の狭いすき間に入ったかと思うと、そこから出てこなくなっちゃったんです。

 

はじめはギャグでやってるのかなと思って「そういうのやめてくださいよ?」とか言いながら近寄って行ったんですけど、「ごめんなさい、本当にダメです……」と本気で嫌がってるんですよ。僕のほうを見るのも嫌みたいで、最後には遠くのほうに逃げて行ってしまいました。多分、僕の後ろに何かヤバいものが見えたんでしょうね。

 

帰り際、かなり離れたところから「最近、嫌なことが続いてるんですけど、まだ何かありますかね?」って聞いたら「しばらく続くと思います……」とのこと。一体どんなものが憑いてるんでしょうね。