image

 

この秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!

 

【Q】「子どもの育児で夫ともめています! 親にたたかれて育った夫は、子どもに手を上げるのは当然と。私は体罰をやめさせたい。どうすればいいか悩みます、エビちゃん助けて?」(ヒーちゃんママさん・25・主婦・秋田県)

 

【A】「相撲は何で裸でやるの? 洋服を着てやればいいのに」(蛭子能収)

 

オレは、自分の子どもだけでなく、人をたたいた経験がありません。子どもが小さかったころは、家で漫画を描いていると、うるさくてイラっとすることも。でもパチッとたたいてやろうと思っても手が動かないんですよ。だから、どんな理由があっても手を上げる人の気持ちがわかりません。これは夫婦にとって重要な問題。暴力が嫌だったら、離婚する覚悟で言ったほうがいいですよ。

 

暴力といえば、相撲が大変ですね。乱暴な気質がどの相撲部屋でもあるんでしょうね。誰かが「みんな暴力はやめよう」と言えばいいのに。俺も、ニュース番組(ネットTV局の『AbemaPrime』)のスポーツコーナーを担当しているから、最近は相撲を見るようにしています。でも、何で相撲を取る人って“ダラ~ン”としているんですか? みんなタルンタルンで、よく相撲が取れるなと感心しています。そもそも何で裸なんですか? 誰かが勇気を持って「洋服を着て相撲しよう」と言えば、みんな、これまでのおかしさに気づくはずですよ。