image

ここまでくると、もはやとんちの世界なのでは……!?

頭の回転の遅さには定評のあるわたしですが

2歳の息子にすら一本取られてしまうとは。

 

「母親の威厳とはなんぞ」というレベルに陥ってしまっておりますが

そもそも親の方が賢い必要ってあるのかしら?

 

子供はみんな天才。

その頭の柔らかさを邪魔せず伸ばしてあげるのも親の役割のひとつだという結論に落ち着けて今日のところは終わりたいと思います。

 

涙。