image

 

おそらくまんべんなく私たち2人に構ってもらいたいという、まめの気持ちがそうさせるのでしょうが

まめ自身がリクエストしてくれば、よほど忙しいときでなければ断る理由もありませんので気持ちよく動かせていただいています。

 

まめが喋れるようになって以来いつもこんな感じなもので、私としては家事の負担が自分にかかり過ぎないので大変助かっています。

 

秘訣?

 

パパ不在時に、

パパのお掃除したおうちは気持ちいいとか

パパはお料理も上手とか

パパにごはん食べさせてもらえて幸せとか

まめと一緒にパパをめちゃくちゃ褒めてたからですかねえ??