image

皆様、こんにちは。はちみつ姉妹です。毎日とても天気が良く、暑い日が続きますね。皆さまは3連休をいかがお過ごしでしたか?私たち姉妹は、新宿NEWOMANにて期間限定ショップを出店中のFloristであるお友達に会いに行って参りました。緑とお花、ナチュラル素材で飾られた素敵な空間にて今まさに草原で摘んできた様な、それでいて洗練された大人の女性を感じさせるブーケをその場で作っていただききました。

image

お花は生きているのでお手入れがとても大切になりますよね。「今日も綺麗に咲いてくれてありがとう」「かわいいね」など声をかけながらお水をあげると活き活きと咲き、長持ちするとも言われていますね。皆さまはそんな繊細なお花のお手入れをどのようにされていますか? 今回は姉妹が行っているはちみつを活用したお花のお手入れ法をご紹介いたします。

 

1. 切り花を長持ちさせる
花瓶のお水にはちみつと重曹を入れることでお水が腐りにくくなり、更には枯れやすい切り花に栄養を与えることが出来、生花が長持ちします。

【用意するもの】
・はちみつ   適量
・重曹パウダー 適量

【お手入法】
① 花瓶にお水とはちみつ、重曹を入れてよく混ぜる
② 花を挿して飾ります。

 

2. 花や葉にツヤを出す
花瓶に飾られたお花、そして観葉植物は何もお手入れをしないとただただホコリまみれに…そんな植物を輝かせるのがはちみつ水です。霧吹きで振りかけてお花に輝きと潤いを与えて上げましょう。

【用意するもの】
・はちみつ 適量
・お水   適量

【お手入法】
① 霧吹き容器にお水とはちみつを入れ、よく混ぜ、はちみつ水を作る
② お花や観葉植物の葉に吹きかける
③ 布で優しく拭く(観葉植物の場合)

 

3. 植物に栄養与える
元気がない植物にははちみつ珪素水を。土や葉や花にしっかり栄養を与えられ、瑞々しく生き返ります。

【用意するもの】
・はちみつ
・ケイ素水

【お手入法】
① じょうろにケイ素水とはちみつを入れよく混ぜ合わせる
② ①を植物に注ぎます

 

どのお手入れ法もとてもシンプルで簡単!なのに、お花や植物は活き活きとし、輝きを増します。皆様もご家庭で是非試してみて下さい。