おなじみ“人から相談を受けたことは皆無……”という蛭子能収のゆるゆる人生相談。今回の相談者は、高知県高知市の喫茶店経営者・ネイロさん、62歳。

 

Q.喫茶店を40年やっています。年々暇になってさっぱり(お客がこない)です。このままズルズルやるか、いさぎよくやめたらいいか、迷っています。どうしたらいいでしょう?

 

蛭子さんのお答えは……。

 

オレもコーヒーが好きで、よく喫茶店に行きますが“スタバ”でも“ネスカフェ”でも、味にはこだわらないオレとしては、大事なのは店の雰囲気。長年やっている喫茶店で、どっか欠点が出てきてしまったんじゃないですかね。

 

「古い」店と「趣がある」店は違いますからね。内装を替えたり、新しいアイデアがある従業員を雇ったりするなど、店を変える気がなかったら、すっぱりやめちゃったほうがいいでしょうね。

 

というか、オレも漫画家になって40年ですが、最近はさっぱりマンガが売れていないですよね。マンガを描くことがめっきり減っているオレも、この人と同じで、このままズルズルとマンガを描くか、いさぎよくやめるか……アッハハハ。

 

これでも漫画家と言っていいんですかね、今度、この喫茶店に行って、話し合いたいですね。